ログイン

学校周辺の地図

*最寄りの駅
JR足利駅・東武足利市駅から
約2Km(徒歩で約25分) 
 

姉妹校の案内

ドイツのカールゼヴェリンク実業高等専門学校と「姉妹校」提携を結んでいます。
リンクはこちらです。
 

リンク

とちぎの工業高校
栃高教研工業部会>
 

訪問者数

2356364

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や
文章の無断転載は固くお断り
します。
 

HPのQRコード

栃木県立足利工業高等学校 全日制課程
スマートフォンからも
HPがご覧いただけます。
 

教育目標

<教育目標> 「人間性豊かな工業人の育成」
<校訓>       「 向学  愛隣  剛健  創造 」
<学年の目標>
 
 1学年 (1)基本的な生活習慣を身に付ける。
      (2)高校生活に順応し、円滑な人間関係を築く。
      (3)自己の将来を考え、基礎学力の定着に励む。
      (4)部活動へ主体的に取り組む。
 2学年 (1)学校生活を通して、円滑な人間関係を作る。
      (2)日々の授業を大切にして、資格試験に挑戦する。
      (3)進路学習を通して、自己理解を深め自分の将来について考える。
      (4)5S運動のさらなる向上に努める。  
 
 3学年 (1)進路実現を目指し、その達成に全力を尽くす。
      (2)3年生としての自覚をもち、学校全体の活性化に努める。
      (3)学習指導・特別活動等に積極的に取り組み、社会人として
必要な基礎力を身に付ける。
      (4)5S運動の徹底を図る。
 

学科構成

◇4学科5クラス
 機械科(2クラス)、電気科、産業デザイン科、電子機械科

 

沿革

◆本校は、明治28年(1895年)に創立した日本有数の歴史を持つ工業高校です。
本校の前身 明治18年11月16日足利「工商会」経営による足利織物講習所創立
明治28年 4月27日 栃木県告示により旧足利織物講習所跡に栃木県工業学校を開校、染織科100名、修業年限3年
明治29年 9月 8日 渡良瀬川氾濫のため災害を被り、明治30年9月26日現在の地(足利市西宮町)に移転する
明治34年 5月17日 栃木県立工業学校と改称
明治43年 9月 8日 皇太子殿下(大正天皇)本校に行啓、授業を台覧
明治45年 3月16日 新校舎竣工
大正 3年 5月29日 講堂竣工
大正 7年 3月19日 県令13号により本校学則を改正し、機械科本科を設置、全校定員6学級300名
大正11年11月14日 栃木県立足利工業学校と改称