STS事業

STS事業
 

訪問者数

2548488

学校周辺の地図

*最寄りの駅
JR足利駅・東武足利市駅から
約2Km(徒歩で約25分) 
 

姉妹校の案内

ドイツのカールゼヴェリンク実業高等専門学校と「姉妹校」提携を結んでいます。
リンクはこちらです。
 

リンク

とちぎの工業高校
栃高教研工業部会>
 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や
文章の無断転載は固くお断り
します。
 

ログイン

HPのQRコード

栃木県立足利工業高等学校 全日制課程
スマートフォンからも
HPがご覧いただけます。
 

学習内容

 本校では授業の約4割が工業の専門科目です。学科により異なりますが、1、2年生で週10時間程度、3年生では週13時間程度が専門科目の授業になります。

 専門科目には「ものづくり」の理論を教室で学ぶ科目と、実習棟で実際にものづくりを行ったり、材料の特性に関する実験や測定を行う「実習」や「製図」など実技を伴う科目とに大きく分けられます。
 実習は1、2年生で週3~4時間、3年生では週6時間程度あり、さまざまな機械や工具、測定器等を適切に取り扱う技術の習得と、ものづくりの楽しさや難しさを学ぶ重要な専門科目です。

 また、3年生の「課題研究」では、自ら設定したテーマについて主体的に研究を進め、クラスごとの発表会では研究成果のプレゼンテーションを行います。テーマの中には、「職場実習」や「高大連携事業」などもあり、主体的な学びを通して課題発見・解決能力やコミュニケーション能力を培います。

<課題研究発表会の様子>

 

時間割の例

 次の表は機械科1年生の「時間割」です。科目名は省略していますが、「ブルー」の時間帯は工業の専門科目の授業を表しています。工業高校でも国語や数学などいわゆる「共通(普通)科目」を学びます。

 

「ジュニアマイスター顕彰」について

 生徒たちが意欲的に学習に取り組めるよう支援する制度に、「ジュニアマイスター顕彰」(全国工業高等学校長協会主催)があります。
 工業高校では資格取得やものづくり関連の競技会、コンテスト等に積極的に取り組んでいますが、その成果を点数化し表彰するもので、学年に関係なく年2回申請することができます。

 たとえば、資格取得では機械加工(普通旋盤作業)などの技能士2級が20点、技能士3級が12点、2級ボイラー技士や第2種電気工事士は7点、乙種4類危険物取扱者は4点です。
 また、本校が出場している競技会では、高校生ロボットアメリカンフットボール大会やアイディアロボット大会の県大会優勝は4点です。

 なお、表彰区分として「ゴールド」と「シルバー」の2つがあり、それぞれ45点以上、30点以上となっています。詳しくは全工協サイト(http://zenkoukyo.or.jp/)をご覧ください。

 

入学を希望する中学生への期待

 工業の専門科目を学ぶためには、中学校での基礎的な学習内容の修得が不可欠です。まず、毎日の授業を大切にして、教科書に書かれている内容を確実に理解できる十分な学力を身につけて下さい。

 また、工業高校での学習の中心は「ものづくり」です。頭と身体と心を駆使して「ものづくり」に意欲的に取り組む姿勢が重要です。そして、将来は工業に関する知識や技術を習得し、技術者として働き、社会に貢献していくというしっかりした目的意識を持つことが求められます。

 したがって、「ものづくり」にあまり関心がないのに、単に家から近いなどの理由で入学を決めることのないよう、自分の興味や関心、適性等を十分検討した上で志望校を決定して下さい。
 

入試について

 栃木県立高等学校の入学者選抜には、2月に実施される「特色選抜」と3月に実施される「一般選抜」があります。本校の募集する生徒像は次のとおりです。

■「特色選抜」

〇 募集する生徒像
 本校への入学を強く希望しており、本校の学校教育目標と目指す学校像を理解し、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する生徒
 (1) 工業に関心があり、「ものづくり」が好きな生徒
 (2) 学ぶ意欲が高く、部活動に積極的に取り組む生徒
〇 特色選抜の定員の割合
 機械科 30%程度
 電気システム科 30%程度
 産業デザイン科 30%程度
〇 特色選抜に出願するための資格要件
 基本的な生活習慣と基礎学力が身に付いており、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する者
 (1) 希望する学科の学習に強い興味・関心があり、本校入学後も意欲的に学習に取り組む者
 (2) 中学校時代にスポーツ、文化活動、生徒会活動などにおいて優れた能力または実績をもち、本校入学後は学習と両立させながらそれらの活動を継続し、活躍できる者

■「一般選抜」

〇特色選抜の方法
 ・面接 個人面接 時間10分程度
 ・作文 時間30分 字数400字程度

入試の日程などについては、以下の県教育委員会のサイトをご覧ください。
 → 県立高等学校入学者選抜に関するお知らせ