ログイン

学校周辺の地図

*最寄りの駅
JR足利駅・東武足利市駅から
約2Km(徒歩で約25分) 
 

姉妹校の案内

ドイツのカールゼヴェリンク実業高等専門学校と「姉妹校」提携を結んでいます。
リンクはこちらです。
 

リンク

とちぎの工業高校
栃高教研工業部会>
 

訪問者数

2356408

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や
文章の無断転載は固くお断り
します。
 

HPのQRコード

栃木県立足利工業高等学校 全日制課程
スマートフォンからも
HPがご覧いただけます。
 

日誌

高校生未来の職業人育成事業
12
2019/10/30

「足利市役所1階ロビーでの展示」

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当

1016日(水)「足利市役所1階ロビーでの展示」

 印刷体験が終わって、9、10月はこれまでの活動をまとめる時期でした。本事業のブランド名を「テトテ デザイン ラボ」に決定し、今後は宣伝活動を行っていきます。

 この日、完成した製品をたくさんの人に知っていただくため、足利市役所1階ロビーでの展示会の搬入を行いました。活動と商品をまとめた7枚のパネルと製品(マグカップ、ハンカチ、Tシャツ、トートバッグ)を展示しています。是非、実際の商品をご覧ください。たくさんのご意見、ご感想をお待ちしています!

「展示会」

10月17日(木)~11月6日() 8:30~17:50 土日祝休み 

会場:足利市役所1階ロビー 栃木県足利市本城3-2145

 

《今後の展示販売予定》

 
 また本事業で開発した商品を足利市学生チャレンジショップ等で販売を行います。是非お越しください。

「足工祭」(販売)

11月9日(土)10:00~15:30

 会場:足利工業高等学校 栃木県足利市西宮町2908-

 

「みどり祭」(販売)

11月9日(土)9:30~14:20

会場:足利中央特別支援学校 栃木県足利市大月町871−3

 

「展示会」(展示のみ)

11月10日(日)~11月20日(水)11:00~20:00 月曜定休日

会場:ギャラリー西門 栃木県足利市家富2195 喫茶「八蔵」の隣

                                                           

「足利市学生チャレンジショップ」(販売)

11月23日(土) ・24日(日)10:00~15:00

会場:栗田美術館 駐車場 栃木県足利市駒場町1542

《商品ラインナップ》









《販売予定価格》

 マグカップ(陶器M)800円

 マグカップ(陶器S)600円

 マグカップ(樹脂M)800円

 マグカップ(樹脂S)500円

 ハンカチ       300円


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/08/05

印刷体験教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当

8月2日(金)「印刷体験教室」

 印刷体験教室、当日です。猛暑にもかかわらず、株式会社万蔵に足中特生11人が集まってくれました。

 まず、出来上がったデザインの発表です。デザインを見て歓声が上がりました。「自分たちが描いた動物や魚や植物が組み合わさって、素敵なデザインになっている。驚いた。嬉しい。」と足中特生から感想をいただくことができました。

 続いて、印刷体験です。足工生が足中特生に印刷の仕方を説明し、補助しながら、印刷体験を行いました。足中特生は説明を熱心に聴き、真剣に、でも楽しそうに作業に取り組んでいました。試作品作りでの色の薄さも改善され、鮮やかな色彩の美しいマグカップが出来上がりました。「ひとつも失敗することなく、全て成功させて、予想以上でした」と株式会社万蔵の川本さんからのお言葉をいただきました。そして、「怪我をしないように、丁寧に作業して商品を作るということが良い経験になりました」と足中特生から感想をいただきました。

最後に、出来上がったハンカチを持って記念撮影。活動のまとめとし、商品の魅力を伝えるための情報発信の提案をして解散しました。

「こういうものづくり体験があればまた参加したい」と足中特生から感想をいただきました。

 企業と連携することで、特別支援学校の製品の中から新たな価値を生み出す「デザイン的な思考」を学習することができたと感じた1日でした。

 






















〈今後の発表予定〉

10915日「産業デザイン科 生徒作品展」場所 コムファースト1階 コム広場

10月16日〜11月7日(予定)「展示発表」場所 市役所ロビー

1189日「足工祭」場所 足利工業高等学校

119日「みどり祭」場所 足利中央特別支援学校

11月10日〜22日(予定)「展示発表」場所 ギャラリー西門

 1123日、24日「足利市学生チャレンジショップ」場所 未定


17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/08/05

試作品作り

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当

7月31日(水)「試作品作り」

 株式会社万蔵にて川本さん、大川さんに指導していただきながら、足工生がマグカップとハンカチの試作品作りを行いました。

 まず、完成したデザインを紙に印刷し、トンボ枠に合わせてカットします。そして、マグカップの印刷したい場所に貼り付け、上から紙で保護します。準備ができたら、カップマンと呼ばれる転写機にはめ込み高温で圧着させていきます。時間が経ったら、熱に気をつけて紙を剥がし、水に入れて冷却。プラスチックと陶器のマグカップに綺麗に転写することができました!

 ハンカチも同様にハンカチの印刷したい部分に印刷した紙を合わせ、トランスファープレス機で圧着させ、綺麗に作ることができました。

 転写することには成功しましたが、想像していたよりも色が薄く、データを修正して色味を調整しなければいけないことがわかりました。そして、印刷体験教室当日のスケジュールも確認しました。当日は足中特生に喜んでもらえるようしっかり準備しましょう!















17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/23

デザイン開始!

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当

7月9日(火)、16日(火)「デザイン開始!」

 ワークショップが終わり、出来上がった素材をスキャナでパソコンに取り込みました。次は、取り込んだ画像をアドビのフォトショップというソフトを使って画質調整、色調補正、修復などの画像処理をしていきます。

 画像処理の技術指導の講師として株式会社万蔵さまから代表取締役の川本さんと大川さんにお越しいただきました。画像処理の仕方をわかりやすく丁寧に説明していただき、テキパキ作業が進みました。

 その後、アドビのイラストレーターというソフトを使い、素材を切り抜いたり、重ねたりして編集していきます。マグカップとハンカチの印刷できる範囲、どこに配置したらよく見えるか、デザインする上での注意点などのアドバイスをいただきながら、集中して作業することが出来ました。そして、出来上がってきたデザインを印刷して、マグカップに貼り、仕上がったときにどう見えるかを何度も検討しました。

 次回(7月31日)は万蔵さんの工場でのマグカップへの印刷です。それまでにデザインを完成させなければなりません。どんな「共生」「つながり」をテーマにしたマグカップとハンカチが仕上がるでしょうか?頑張りましょう!












08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/21

ワークショップ4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当

6月18日(火)ワークショップ4日目

ワークショップ最終日です。前回までのワークショップでおおよその素材は出来てきていますが、さらに良いデザインを作るために必要な素材は何だろう?グループで話し合い、参考作品を作り、しっかりと準備をして最後のワークショップに臨みました。

 

今回で4回目のワークショップということもあり、お互いの距離が近くなったようです。足工生は、技法や描き方の説明、アドバイスも上手くなり、協力してスムーズに作業が進みます。足中特生も慣れてきたのか、アドバイスを熱心に聞き、夢中になって作業する姿が見られました。

 

そして、予想以上に魅力的な素材がたくさんそろいました。次週からはパソコンで素材を編集し、デザインに仕上げていきます。どんなデザインが出来上がるか楽しみです。













17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/08

ワークショップ3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当
6月4日(火)ワークショップ3日目
生物が描けたので次は生物が暮らす環境、海と森です。
「どうすれば生き生きとした海や森が描けるだろうか?」と考え、1年生のデザイン技術の授業で学んだ「表現の技法」スパッタリング、筆ぼかし、プリンティング、デカルコマニー、ドリッピングなどにたどり着きました。これらの技法を使えばより自然で有機的な表現が出来るのではないか?
このようなねらいで3日目のワークショップを行いました。そして、偶然出来る絵の具の表情に驚きながら、楽しく制作することが出来ました。この日は足中特の美術部の新1年生も参加していただけることになり、12人での賑やかな制作となりました。













08:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/08

株式会社万蔵 訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当
高校生未来の職業人育成事業の実施に向け、生徒のアイデアを形にしてくれる連携先を検討しました。そのなかで、熱心に耳を傾けてくださったのが、株式会社万蔵の川本さんと大川さんでした。万蔵さんはインターネットなどでオーダーメイドのプリント製品の販売をしています。

まず、万蔵さんを訪れ、打合せを行いました。どんな製品が作成可能か、製品のターゲット、販売機会、販売方法など、これからデザインをする上で必要になってくる質問に丁寧に答えていただけました。

そして、予算、時間、難易度など様々な諸条件から、マグカップとハンカチにプリントすることが決まりました。万蔵さんから本校生徒がデータ作製とプリントの方法の技術講習を受け、本校生徒と特別支援学校の生徒が一緒になってプリント作業すること、足利市内にある万蔵さんの展示スペースであるギャラリー西門でこの取り組みと製品の展示をさせていただくなどの話がまとまりました。




08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/07

ワークショップ2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当
5月28日(火)ワークショップ2日目

 本年度のテーマである「共生社会」とはこれまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会のことです。

 共生社会をイラストで表現するために様々な生物が相互に尊重し、支え合い、多様なあり方を相互に認め合っているような様子をイメージしました。そこで、まずは動物のシルエットを描くことにしました。    
足工生が海の生き物と森の生き物に大きく分け、生物の資料を用意
し、話しあいながら楽しく生き生きとした生物を制作することが出来ました。








08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/06

活動開始 ワークショップ1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当
「足利中央特別支援学校との協働による製品開発」

令和元年度も昨年度の試みを引き継ぎ、発展させようと産業デザイン科の3年生6名が中心となって、「ノーマライゼーション、地域共生社会においてデザイナーが果たす役割について考えよう」をテーマに活動を開始しました。

昨年度もかわいらしくユニークな製品を完成させることが出来たのですが、今年度はさらに「協働」「共生」の意味を深く考え、「個人の表現を超えて、みんなで一つの作品を仕上げる」ことを目標にすることにしました。

5月7日(火)ワークショップ1日目
挨拶と自己紹介のあと、足中特の生徒と打ち解けるために「つながる」をテーマにワークショップを行いました。クレヨンを使って写真や文字の輪郭線を描いて、その線を人から人へつないでいき、最終的にみんなで一つの作品を完成させるというものです。このワークショップを通して、焦らず、お互いが認め合う事が大事だと気づくことが出来ました。




 



 



 
08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2018/11/22

「みどり祭」で成果発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 産業デザイン科担当
11月17日(土)
足利中央特別支援学校の「みどり祭」に参加しました。展示スペースをお借りして、活動概要をまとめたポスター、協働し開発したTシャツやトートバッグ、ワークショップで描いたイラストレーションを展示しました。多くの来場者から感想を伺う貴重な機会となりました。皆様から寄せられた感想を紹介します。

◎本事業の参加者(足中特高等部生徒)
「自分の描いたイラストが製品になってうれしいです」
「Tシャツは大切に家に飾っています」

◎足中特中等部生徒
「高等部になったら自分で描いてTシャツを製作してみたいです」

◎一般の来場者
「素晴らしい取り組みなので今後も続けてください」
「かわいらしいデザインで欲しくなりました」

◎担当した本校生徒
足中特との協働作業で製品開発してきたことを多くの方に紹介できてて良かったです。また、文化祭に参加したことで特別支援学校の様々な活動について理解が深まりました。デザイナーとして何ができるのかもっと考えていきたいと思います。







16:06 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
12