STS事業

STS事業
 

訪問者数

2637317

学校周辺の地図

◆最寄りの駅
 JR足利駅・東武足利市駅から
 約2Km(徒歩で約25分) 
◆Googleマップはこちら
 

姉妹校の案内

ドイツのカールゼヴェリンク実業高等専門学校と「姉妹校」提携を結んでいます。
リンクはこちらです。
 

リンク

とちぎの工業高校
栃高教研工業部会>
 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や
文章の無断転載は固くお断り
します。
 

ログイン

HPのQRコード

栃木県立足利工業高等学校 全日制課程
スマートフォンからも
HPがご覧いただけます。
 
野球部
12345
2020/10/31

“夏の足工”伝統校のプライドを胸に

| by 係担当(生徒)
                      “夏の足工”伝統校のプライドを胸に
ASHIKAGA TECHNICAL High School Baseball Club News
OCT 2020 Vol.54

 10月は、例年であれば修学旅行をはじめとした学校行事が続き、慌ただしい1ヶ月となりますが、今年度についてはそういった行事のほとんどが中止となり、改めて今までにない1年であることを感じました。ただ、そのような状況の中でも1年生大会が実施され、今回もたくさんのご支援を頂いたことに感謝しています。
 しかし、結果は栃木工業を相手に1対7での敗戦。1年生チームでの大会ということで上手くいかなくて当然ですが、勝負に挑む姿勢をはじめ多くの課題が浮き彫りとなりました。その反省をもとに、もう1試合、戦う機会があればという気持ちがあり、その部分を残念に思います。それでも今大会は、部員不足から合同チームでの参加も目立つ中、本校は単独出場でき、恵まれていることも感じています。1年生には、この時期の貴重な経験を今後に生かして欲しいと思います。
 また、本校野球部としても例年であれば10月に学生野球の“聖地”神宮球場で、東京六大学野球・秋季リーグ戦を観戦していましたが、今年は新型コロナウィルス感染の見地から中止の判断をしました。高校球児が甲子園に憧れるように、大学生の目標は神宮球場でプレーすることと言われます。甲子園で活躍した選手。将来はプロ野球で活躍するであろう選手も多く、高いレベルの野球を肌で感じる良い機会だっただけに、こちらも残念でした。本校でも、教育実習も行った中野航大(関東学園大学4年)など大学野球部に在籍する先輩部員の他、これから大学野球で頑張ろうとしている部員もいます。足工野球部としての目標は甲子園出場です。しかし、本校部員にはそれで終わることなく、その後も各々が目指す舞台で活躍して欲しいと願っています。
 また、11月14日(土)からは、今シーズン最後の大会となる秋季市内大会を控えています。新チームで臨んだ県大会では、県立高校としては唯一の2年連続ベスト8進出は果たしたものの、準々決勝では悔しい敗戦を喫しました。今回の大会も本校の他、白鴎大足利が県大会ベスト8入りしたことからも、意地と意地のぶつかり合う、ハイレベルな戦いが繰り広げられるのは間違いありません。笑顔で今シーズンを締め括れるよう、部員一同、日夜グラウンドで練習に励んでいます。選手の懸命なプレーに温かいご声援をお願いします。




17:32
2020/09/30

“夏の足工”伝統校のプライドを胸に

| by 係担当(生徒)

                      “夏の足工”伝統校のプライドを胸に 
ASHIKAGA TECHNICAL High School Baseball Club News                                                                

SEP 2020 Vol.54

 新チームで迎えた秋季県大会では、たくさんの応援を頂きありがとうございました。
 新チーム結成後は、この大会を勝ち抜くことを目標に練習してきました。そして迎えた初戦は、佐野・足利清風との連合チームを相手に5回コールドの10対0。硬さがありながらも、シード校として初戦を突破すると、続く真岡高校戦は、延長11回の末、4対3。終盤の苦しい状況にも踏ん張り、絶対に負けないという、選手の気持ちの伝わる熱戦でした。さらに3回戦では宇都宮工業を6対3で破り、2年連続となるベスト8に進出。力のある相手にも選手は堂々と戦いを挑み、まさに足工魂を体現したような戦いでした。前チームが準々決勝で敗れた相手だっただけに雪辱できたという点でも、この勝利は格別なものでした。
 しかし、迎えた準々決勝は石橋高校を相手に2対9のコールド負け。再び準々決勝の壁に阻まれ、この壁を破るには、まだ実力が足りないことを思い知らされる悔しい結果となりました。ただ、それでも立ち止まっている時間はありません。次なる目標に向けて再スタートを切るには、この結果を現地点の力と潔く認める必要があります。実際に、石橋高校は雨の中でも各自が役割を果たし、勝つに値するだけのプレーをしていました。今大会を通じて浮き彫りとなった課題を克服するのは簡単でなく、もう1つ上まで勝ち上がるには普段の生活から、もう一度見つめ直す必要性も感じています。勝つためには確固たるチーム力が必要です。この悔しさを忘れず“良いチーム”“勝てるチーム”となれるようチーム一丸となって努力していく所存です。
 そして、次なる目標は市内大会での優勝となります。今回の市内大会も、県大会で本校と白鴎大足利がベスト8入りしたように意地と意地のぶつかり合う、ハイレベルな戦いが繰り広げられるのは間違いありません。メンバー争いも白紙からのスタートとなります。懸命にプレーする選手に引き続き、温かいご声援をお願いします。
 また、10月は1年生大会も実施されます。本校の初戦は10日となり、この時期の大会経験は貴重な財産となるはずです。残念ながら保護者も含めた完全な無観客試合となりますが、1年生チームの活躍をご期待下さい。今後も本校野球部の活動に変わらぬご理解、ご協力をお願いします。



20:32
2020/08/31

“夏の足工”伝統校のプライドを胸に

| by 係担当(生徒)

                      “夏の足工”伝統校のプライドを胸に 
ASHIKAGA TECHNICAL High School Baseball Club News                                                                     

AUG  2020  Vol.53

 今年も熱い夏が終わりました。代替大会となった夏は、宇都宮北高校を相手に練習してきた成果を発揮しての嬉しい勝利を挙げた一方、続く栃木工業戦は悔しい逆転負け。甲子園大会が中止になるなど、今までに誰も経験したことのない夏だっただけに、どう心の整理をつければ良いか分からないままでしたが、多くの方のご尽力により、新チームをスタートさせることができました。この場を借りてお礼申し上げます。
 さて、その新チームですが、今年も約1ヶ月間で26試合を消化するハード・スケジュールとなりました。結果は14勝12敗と勝ち越しはしたもののメンバーも入れ替わり、まだ多くの課題を抱えている現状です。ただ、選手は本当によく頑張りました。そして何より、2年生12名と1年生16名の28名全員で、この夏を乗り切れたことを嬉しく思います。部員1人1人が身体面だけでなく、精神的にも逞しく成長してくれたことを実感した夏でした。
 そして、8月1日から1泊2日での土浦遠征も無事、実施することができました。県教委からの規定に従い、可能な範囲での注意を払っての実施ではありましたが、今回は特に、新型コロナウイルス感染の心配がゼロではない中で、保護者の皆様にはご理解、ご協力を頂いたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。今回の遠征も普段とは違う環境の中、県外の様々なタイプのチームを相手に、選手は貴重な経験を積めたはずです。
 さらに、22日、23日の両日で実施された交流戦では、前評判の高かった宇都宮商業を4対2。秋季県大会のシード権を懸けた足利高校戦も7対1で勝利することができました。選手の頑張りが形になったことを嬉しく思います。また、今回の交流戦は、やるべきことができれば、ある程度は戦える手応えを掴むと同時に、課題も浮き彫りになるなど収穫の多いものでした。県大会を前に緊張感ある本気の戦いを2試合経験できたことも貴重だと思います。本番は次です。この経験を生かしながら秋季県大会では持てる力を発揮し、旋風を巻き起こせるよう一戦一戦、全力で立ち向かいたいと思います。
 最後に、これからも新型コロナウイルスの感染拡大等により先が見えず、予断を許さない状況が続きます。しかし、その中でも足利工業野球部としては、高校生らしい好チームとなるため日々の練習から真剣な取り組みを続け、努力していく所存です。選手の懸命なプレーに変わらぬご支援をお願いします。



20:28
2020/07/31

“夏の足工”伝統校のプライドを胸に

| by 係担当(生徒)
                      “夏の足工”伝統校のプライドを胸に
ASHIKAGA TECHNICAL High School Baseball Club News
JUL 2020  Vol.52
 夏の代替大会では多くのご声援を頂き、ありがとうございました。新型コロナウイルスの影響で様々な制限が設けられ、例年とは違う夏となりましたが、ベンチにいてもその思いは十分に伝わりました。選手、特に3年生にとっては“最後の夏”ということに変わりなく、心強かったことと思います。
 初戦となった宇都宮北高校戦は、5回コールドの13対3。大会の緊張感ある中でも17安打の猛攻を見せ、昨秋のベスト8として相応しい戦いを見せてくれました。3年生部員全員が出場を果たし、多くの笑顔が出せたことを嬉しく思います。続く栃木工業戦は、3対4の逆転負けを喫しましたが、悪コンディションの中でも、それを理由にすることなく堂々と戦う好ゲームでした。“足工魂”を体現する姿を後輩に示してくれたという点でも足工野球部にとって大きな財産であり、3年生には感謝しています。“このチームで、もっと野球がやりたい”と思う、好チームでした。選手には胸を張って欲しいと思います。本当によく頑張りました。
 また、集計してみると昨夏の新チーム結成から58試合を消化し、通算成績は27勝24敗7分けという戦績でした。ここでも新型コロナウイルスの影響があり、例年の半分以下の試合数となったことを寂しく思います。それでも振り返れば、力がないと言われ続けたチームが、その言葉に発奮し、昨秋のベスト8進出は見事でした。長い教員生活の中でも、高校生の持つ可能性の大きさを改めて教えられた気がします。高校野球に没頭できた1年ではありませんでしたが、3年生の頑張りには、頭の下がる思いです。ご苦労様でした。
 3年生にはこれから、それぞれの希望する進路実現に向けて努力して欲しいと思います。グラウンドでの頑張りがあれば、何でもできるはずです。足工のユニフォームを着て3年間野球をやり遂げたことに誇りを持って下さい。そして、3年生の保護者の皆様、今までありがとうございました。おかげさまで良い環境の中、思い切り野球をすることができました。これからも足工野球部は良き伝統を引き継ぎ、努力し続けます。今後も変わらぬご支援をお願いします。

17:16
2019/11/16

第118回足利市内高校野球親善試合について

| by 教頭
第118回足利市内高校野球親善試合について

 令和元(2019)年11月16日(土)、足利市総合運動公園野球場で「第118回足利市内高校野球親善試合
が開催されました。
 本校野球部は、第1回戦 対足利工業大学附属高校が行われ 1-4で負けました。
応援ありがとうございました。

 第1回戦より 先輩方の力強い応援
      頑張れ足工!                先輩方の力強い応援!    
14:00
2019/11/02

第10回1年生大会南部地区ブロック大会結果について

| by 教頭
◇第10回1年生大会南部地区ブロック大会結果について

 令和元(2019)年10月19日(土)から、「第10回1年生大会南部地区ブロック大会」が開催され
ました。
 本校野球部は、11月2日(土) 栃木県総合運動公園野球場において、南部地区決勝戦 栃木工業高校
が行われ 4-5で負けました。応援ありがとうございました。

 詳しくは、栃木県高校野球連盟のホームページをご覧ください。

◇栃木県高校野球連盟のホームページ
  http://www.tochigi-koyaren.net/

15:00
2019/10/27

第10回1年生大会南部地区ブロック大会について

| by 教頭
◇第10回1年生大会南部地区ブロック大会について

 令和元(2019)年10月19日(土)から、「第10回1年生大会南部地区ブロック大会」が開催され
ました。
 本校野球部は、10月26日(土) 足利南高校において、栃木農業高校戦が行われ、2-1で勝利
しました。
 南部地区決勝戦は、11月2日(土) 9:00~ 栃木県総合運動公園野球場において、対栃木工業高校
が行われます。応援をよろしくお願いいたします。

 詳しくは、栃木県高校野球連盟のホームページをご覧ください。

◇栃木県高校野球連盟のホームページ
  http://www.tochigi-koyaren.net/
00:00
2019/10/21

第10回1年生大会南部地区ブロック大会について

| by 教頭
◇第10回1年生大会南部地区ブロック大会について

 令和元(2019)年10月19日(土)から、「第10回1年生大会南部地区ブロック大会」が開催され
ました。
 本校野球部は、10月19日(土) 小山運動公園野球場において、対小山南戦が行われ、4-0で
勝利しました。
 第2回戦は、10月22日(火) 小山運動公園野球場において、対栃木農業高校戦が行われます。
応援をよろしくお願いいたします。

 詳しくは、栃木県高校野球連盟のホームページをご覧ください。

◇栃木県高校野球連盟のホームページ
  http://www.tochigi-koyaren.net/
07:00
2019/09/16

第72回秋季栃木県高等学校野球選手権栃木大会結果について

| by 教頭
◇第72回秋季栃木県高等学校野球選手権栃木大会結果について

 第3回戦は、9月15日(日) 第2試合 清原球場において、対茂木高校戦が行われました。
 結果は、対茂木高校戦 6-3で勝利し、ベスト8になりました。
 なお、ベスト88年ぶり17回目となります。

 準々決勝は、9月21日(土) 9:00 県営球場において、対宇都宮工業高校戦が行われます。
 応援よろしくお願いいたします。

 詳しくは、栃木県高校野球連盟のホームページをご覧ください。

◇栃木県高校野球連盟のホームページ
  http://www.tochigi-koyaren.net/

00:00
2019/09/14

第72回秋季栃木県高等学校野球選手権栃木大会結果について

| by 教頭
◇第72回秋季栃木県高等学校野球選手権栃木大会結果について

 第1回戦は、9月7日(土) 第3試合 清原球場において、対鹿沼東高校戦が行われました。
 結果は、対鹿沼東高校戦 4-1で勝利しました。
 なお、この試合でピッチャーの渡邊大翔君のこの試合で投げた71球は、1試合の最少投球で大会記録
となりました。絵文字:ブランク
 第2回戦は、9月13日(金) 第3試合 県営球場において、対小山南高校戦が行われました。
 結果は、対鹿沼東高校戦 6-5で勝利しました。

 第3回戦
は、9月15日(日) 第2試合 清原球場において、対茂木高校戦が行われます。
 応援よろしくお願いいたします。

 詳しくは、栃木県高校野球連盟のホームページをご覧ください。

◇栃木県高校野球連盟のホームページ
  http://www.tochigi-koyaren.net/

00:00
12345