STS事業

STS事業
 

訪問者数

2524968

学校周辺の地図

*最寄りの駅
JR足利駅・東武足利市駅から
約2Km(徒歩で約25分) 
 

姉妹校の案内

ドイツのカールゼヴェリンク実業高等専門学校と「姉妹校」提携を結んでいます。
リンクはこちらです。
 

リンク

とちぎの工業高校
栃高教研工業部会>
 

管理者からのお願い

このホームページ内の写真や
文章の無断転載は固くお断り
します。
 

ログイン

HPのQRコード

栃木県立足利工業高等学校 全日制課程
スマートフォンからも
HPがご覧いただけます。
 
ようこそ! 足利工業高校(全日制)のホームページへ
 足利工業高校(全日制)ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 本校の教育活動についてご覧いただき、さらにご理解とご支援をよろしくお願いいたします。 
 
お知らせ

感染防止マニュアルを改訂しました。【6月25日改訂版】
 引き続き、うがい、手洗い等を行って感染防止に努めましょう!!


〇現在、「Web一日体験学習」のページを作成中です。次のバナーをクリックして下さい。
 


各種証明書の発行 特殊詐欺について


 
新着情報
 
1学期終業式教務部担当08/07 12:50
 1学期終業式が8月5日(水)に校内放送で実施されました。校長先生からは充実した夏休みになることを願って次の3つのポイントのお話がありました。   1つ目は「自分の命は自分で守る」こと   2つ目は「目標を立ててやりきる」こと   3...
産業デザイン科の課題研究9回目産業デザイン科担当08/04 15:51
『産業デザイン科の課題研究4回目』でも紹介しました、足利の「しごと」情報を若者に効果的に伝える『足利市「市民力」創出協働事業』に取り組んでいる研究班の近況報告をいたします。 この研究班では、高校生の視点から地域企業の魅力を再発見し...
産業デザイン科1年の工業技術基礎産業デザイン科担当07/31 17:28
1学期最後の「工業技術基礎」でした。 実習の前半は「マーカーの使い方」を学習しました。(写真上段) マーカーを初めて扱う生徒が多い様子です。とても興味深そうに、そして熱心な態度で作業に取り組んでいました。マーカーは比較的安価で手軽に...
足利中央特別支援学校との協働による商品開発産業デザイン科担当07/27 10:12
課題研究「足利中央特別支援学校との協働による商品開発」を紹介します。本課題は足中特生と足工生でイラストを描くワークショップを行い、出来上がったイラストをCG加工し、企業の力をお借りし、デザイン製品を製作しています。また、「テトテデザイ...
足利市立坂西中学校で巡回展産業デザイン科担当07/21 19:50
  7月21日から7月31日まで、足利市立坂西中学校で産業デザイン科生徒作品展を開催しています。本校の生徒9名(坂西中の卒業生)と職員2名が協力して作品の搬入作業をしました。坂西中学校の先生方と美術部員にもご協力いただき、無事に展示す...
初級CAD検定受検産業デザイン科担当07/17 19:35
産業デザイン科2年生40名が初級CAD検定を受検しました。この検定では二次元CADを用いて機械製図の図面を作図します。放課後の補講や自主練習で解けない問題やわかりづらい操作があると、クラスメイトで教え合い、互いに切磋琢磨しています。 ...
産業デザイン科2年の産業デザイン実習3回目産業デザイン科担当07/16 19:15
産業デザイン科2年のデザイン実習3回目の内容を紹介します。 「写真基礎」では組写真に取り組みました。(写真上段) 「丸・三角・四角」をテーマに被写体を探し撮影しました。1週目で学んだ写真の基礎知識を活用してカメラを調整し、作品づくり...
正式に「NIE実践指定校」の認定を受けました!学習指導部担当07/15 13:29
 NIE(エヌ・アイ・イー、=Newspaper in Education)は、「教育に新聞を」の意味です。新聞を教材として活用し、興味や関心の幅を広げる社会運動のことで、日本新聞協会がNIE推進事業(https://nie.jp/)...
電子機械科3年課題研究&「プロジェクトA100」活動報告電子機械科担当07/10 17:45
昨日、木曜日は電子機械科3年の課題研究を行いました。 課題研究も今回で6週目です。 各班ともに研究テーマに対する調査・研究が進んでいるようです。 今年度は研究テーマの一つとして 足利市制100周年「プロジェクトA100」に協力してい...
産業デザイン科の課題研究6回目産業デザイン科担当07/08 08:04
カーデザインコンテスト(写真左上) カーデザインコンテストにチャレンジしている班では、一ヶ月かけてコンセプトを検討してきました。今後はコンセプトをスタイリングに反映させる作業に進みます。 チャレンジショップの商品計画(写真右上と下)...