校章・校歌栃木県立足利清風高等学校 トップページへ

  
 
  
 
トップページ > 外国語・情報化への対応 

外国語・情報化への対応

    情報化やグローバル化など、社会の変化に対応した知識や技能の習得を目指して、コンピュータを活用した授業や外国語によるコミュニケーション能力向上のための取り組みを行っています。
  本校では、英語の授業や休み時間などに、ALT(外国語指導助手)によるネイティブな英語に接することができます。また、希望者を対象に、福島県のブリティッシュヒルズで語学研修を行います。
  情報教育では、パソコン室が3部屋あり、実習が充実しています。さらに、放課後等、CBT(Computer-Based Testing)に対応するための取り組みも実施しています。
  さらに、図書館には、英検テキスト・問題集(リスニングCD付)、CDプレーヤーが常備され、昼休み、放課後等自由に勉強できます。

※授業の様子(動画)をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

     
      ALTによる授業      パソコン実習      CBT(英検対策)  
   
  ブリティッシュヒルズ英語研修①   ブリティッシュヒルズ英語研修②   ブリティッシュヒルズ英語研修③

「清風だより」より

第32回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト

 平成28年1月10日(日)に、東京都新宿区にある全商会館において、第32回全国商業高等学校協会主催 英語スピーチコンテストの全国大会が開催されました。そのスピーチ部門で、2年4組のアルハマ  イフタカルさんが、第3位(奨励賞)に入賞する快挙を成し遂げました。
 皆様にご声援をいただきまして、ありがとうございました。



◯英語ディベート大会への出場(平成28年度)
 平成28年6月2日(日)に、宇都宮東高等学校で開催された「英語ディベート大会インターミディェット部門に出場しました。8月6日(土)には、佐野高等学校主催の「英語ディベート大会」に出場し、2年生の伊澤佳純さんがベストディベーター賞を受賞しました。また、11月3日(木)に、宇都宮高等学校において、第11回全国高校生英語ディベート県予選大会が開催されました。本校は出場校15校30チーム中27位となりました。なお、2年生の清水幹太君がエクサレントディベーター賞を受賞しました。