校章・校歌栃木県立足利清風高等学校 トップページへ

  
 
  
 
トップページ > 地域連携 

地域連携

 本校では、地域と連携した取り組みを積極的に行っています。足利市との連携事業、足利工業大学、佐野短期大学との高大連携、地域の保育所、高齢者施設等でのボランティアを行っています。

足利市役所、足利市観光協会との連携(足利市「市民力」創出協働事業)
 事業の概要(テーマ:ロケツーリズム).pdf


※1 この活動についての発表の動画をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。
※2 詳しい報告書をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。
※3 この活動は、「おはよう日本」(NHK)で放映されました。その内容をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

◎足利市国際交流協会との連携
 平成27年度より、足利市国際交流協会の主催する「ようこそ、いらっしゃいASHIKAGA」に本校生がボランティアで協力しています。この事業は、高校生が留学生などの外国人と交流しながら観光案内することを通して、グローバルな視野を育むとともに、まちづくりへの参画を大きな目的としています。
 平成28年度は、9月22日に実施され、本校から1年生4名、2年生3名が参加しました。


◎足利工業大学、佐野短期大学との高大連携



◎5S運動
  本校では、5S・AF運動を推進しています。



◎税に関する作文への応募(国税庁、足利税務署)
 本校の商業科・情報処理科の1年生、2年生は、授業で学んだ知識等を生かして、税の意義とその役割や税に関して自分で考えたこと、体験をとおして考えたこと等についての作文を応募しています。生徒が税について、自ら考えたり、自らの言葉で表現したりすることにより、税を身近に感じたり、社会情勢に今まで以上に興味を持つ効果があると思います。

◎租税講話
 本校では、足利税務署、税理士会、会計事務所にご協力をいただき、3年生を対象とした租税講話を、毎年、2月に実施しています。現在の日本の財政状態、税金の必要性などのお話をいただき、税金を納めることの重要性を再認識する場としています。

◎選挙啓発のための学習会(足利市選挙管理委員会)
   5月17日(火)7限、7月に行われる参議院選挙に向けて、3年生を対象に選挙に関する学習会を開催しました。
  当日は、足利市選挙管理委員会より2名の講師の方にお越しいただき、選挙に関する全体の講話の後、実際の選挙で使用する投票台、投票箱を使用して模擬投票も体験しました。その後、公民科の教員より選挙違反に絞った注意事項の説明がありました。
  選挙は主権者として大切な政治参加の機会です。自分でしっかり候補者を選び、投票できるよう心掛けましょう。特に、今回の選挙では、3年生の中に選挙権を持つ生徒、持たない生徒が混在し、それに伴い選挙運動もできる生徒とできない生徒がいますので、注意しましょう。

◎人権教育・啓発推進県民運動への参加(足利市教育委員会等)
 足利市教育委員会などが主催する「人権教育・啓発推進県民運動」強調月間人権に関する作文に、毎年応募しています。平成27年度は、沼田瑠那さんが優秀賞に、香山奈津樹さんが佳作に輝きました。
 沼田さんも香山さんも身近な身体・知的障がい者の方との交流から、同じ人間として人権を尊重していく大切さを学んだことを述べました。どちらの作文も高い人権意識が伺えます。

 
地域連携
一件も該当記事はありません。