校章・校歌栃木県立足利清風高等学校 トップページへ

  
 
  
 
トップページ > 総合選択制高校 

総合選択制高校

  総合選択制高校は、体験的・実践的な学習を通して職業観・勤労観を涵養する職業系専門学科のもつ教育力と、基礎・基本を養う普通科のもつ教育力の両者を機能的に活用できるよう、職業系専門学科と普通科を併置した学校のことです。

  「教育目標」
    互いに敬愛し、豊かな教養を身につけ、健康で社会に貢献できる人間を育成する。

  「校訓」
     愛 ・ 智 ・ 力

  「育てる生徒像」
    (1) 自他を敬愛し、思いやりのある、素直な心を持った生徒
    (2) 確かな学力と豊かな教養を身につけ、社会の変化に柔軟に対応できる生徒
    (3) 心身ともに健康で、勤労と責任を重んじ、地域社会に貢献できる生徒

 

本校の特色

 本校では、普通科の生徒は全員、2年次に商業の科目「簿記」(3単位)を学習します。簿記を学習することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚や経営感覚が身につくとともに、経済のしくみを理解するのに役立ちます。
  さらに、生徒の進路や興味・関心に応じて、普通科の生徒が商業科の科目を一部選択したり、商業科・情報処理科の生徒が普通科の科目を一部選択したりすることが可能となっています。

◎平成29年度入学生カリキュラム
  ♦普通科


  ♦商業科


  ♦情報処理科