校章・校歌栃木県立足利清風高等学校 トップページへ

  
 
  
 
トップページ > 校章・校歌 

校 章

足利清風高等学校の校章の由来

 本校は、栃木県教育委員会が策定した「県立高等学校再編基本計画」及び「県立高等学校再編前期実行計画」に基づき、足利西高校と足利商業高校が統合した新たな総合選択制高校として設置され、足利商業高校の校舎を使用することになりました。

 校章は、足利西高校・足利商業高校校設立準備委員会より委嘱された、足利商業高校の卒業生でもある宗村眞一氏(有限会社マック・プロモーション代表取締役)の創案によるものです。

 

◆デザインの意図

 足利市の市章でもあり、足利西高校の校章にも使われていた「古鏡」の輪郭を背景とした。

 中央の白色部分は清風高校の「S」をデザイン化して渡良瀬川の清流を、グリーンは校舎北側の「山なみ」を、ブルーのボーダーは爽やかにそそぐ「風」を表しています。「清風」の文字に起源の古い隷書体を用いることで、両校の歴史に基づく「伝統と新しさの調和のとれた清風高校の未来像」を描いています。〔宗村眞一氏 記〕

 

校 歌

校歌(オルゴール)☜ クリック
                                中島 粂雄 作詞
                                田邉 瀧夫 作曲 
 1 清き渡良瀬 流れに映す
   みどりの五山 風さやか
   学舎の楷樹 のびやかに
   集う我らに 理想あり
   今こそ拓け いざ拓け
   足利清風 名のもとに

               2 青春の夢 語り合い
                 英知と力 鍛えつつ
                 己を高め 翔ばたかん
                 友との誓い 永遠に
                 今こそ進め いざ進め
                 足利清風 名のもとに

                             3 時代つくりし 先人の
                               心受けつぐ 若人が
                               希望に燃えて 意気高し
                               未来の空に 新風を
                               今こそ興せ いざ興せ
                               足利清風 名のもとに