栃木県立足利清風高等学校
 

日誌

総合的な探究の時間 >> 記事詳細

2021/07/23

2年生普通科 総合的な探究の時間

| by sei

探究Weekの最後を締めくくる3日目、716日(金)の午後は1年生普通科の生徒とナナメのセッションを行いました。

探究Week1日目に、センパイとのナナメのセッションを経験した生徒たちが今度は自分たちの人生を元に人生グラフをつくり、1年生たちとの対話や質疑応答をしました。形式としては、2年生2人、1年生2人の4人グループに分け、そこで自己紹介や流れの説明をしてから、12年のペアを入れ替えてから15分間のセッションを2回行いました。そして最初の4人グループに戻ってからそれぞれの発表についてと聞いたことについて振り返るという形で実施しました。

2日目の午前の時間を使って作った人生グラフを用いながら、2日目3・4時間目の櫻井さんの話の中にもあった人生のターニングポイント(分岐点)について自ら説明していくことで、より自己との対話を深めつつ、1年生にとっても先輩たちのこれまでの歩みと自分たちを比較することで、より客観視する良い機会になったのではないかと思います。

 

<生徒の主な感想>

・人生グラフでは自分が頑張る理由やどう生きたいかなどを考えることができた。

・あまり質問が来なかったので話しづらい空間を作ってしまったかもしれないと思った。

・自分の人生を説明することは面白い経験だったので、これからもっと深掘りしていき人生をよりよくしたい。

・先輩たちの発表のように目をきらきらさせて聞けるような発表をしようと思ったが難しかった。

<活動の様子>


13:33 | 投票する | 投票数(0)