栃木県立足利清風高等学校
 

日誌

総合的な探究の時間 >> 記事詳細

2021/01/13

第20回総合的な探究の時間

| by sei

20回目 1118日(水)の探究は、

「切り替えて物事を考えよう②」というタイトルで、情報収集について学びました。今回の授業のねらいは、「探究活動に必要な情報収集のポイントを理解すること」と「問いや仮説と、教科や分野を結び付けて考えること」です。

まず初めに、前回考えた「どうして・・・・なのだろうか」という問いに対する仮説の自分なりの信用度を考えました。その信用度になった理由を班員と共有しました。信用度が低い理由は「情報不足」でした。

仮説を立てるときには、問いに対する予備知識が必要であるということから、情報収集のポイントを学びました。1つ目の観点は信頼できる情報かどうか、2つ目は情報収集の基本、3つ目は自分で新たな情報やデータを得る、4つ目は常識を疑うこと。

そして、最後に自分の立てた仮説について、調べる必要がある用語やどんな分野や教科と関連するか考えて、班内で意見を交換しました。

 

生徒のふりかえりから

・インターネットで調べるときは複数のサイトを見て判断しようと思った。また、調べた情報を他者と共有することでより信頼度が高まるのではないかと思った。

・情報収集のポイントを理解することで自分の立てた仮説の内容の情報を広げられて、より詳しく調べることができるのではないかと考えた。

・最初のほうに探究でやった「ソ・ウ・カ・ナ」と繋がることに気づいた。

 


19:20 | 投票する | 投票数(0)