栃木県立足利清風高等学校
 

日誌

総合的な探究の時間 >> 記事詳細

2020/09/15

第5回総合的な探究の時間

| by sei
第5回目の7月1日(水)、

「共同絵画~言葉を絵にしよう~」という活動を行いました。

グループのメンバーが協力し合い、お題にあった絵を完成させる「共同絵画」。

4人メンバーの中で、3人だけお題を見て、お題を見なかった1人に、言葉のみでお題を説明していきます。それを聞いて絵を完成させていきますが、ジェスチャー禁止という条件で苦心しているグループもありました。

どうしたら目の前の“相手”に分かりやすく伝わるのか、また説明をどのように受け止めたら良いのか、考え、気づき、実行する、そんな「学び楽しむ」生徒が増えてきたように感じワクワクしました。

 

【生徒の主な感想】

・今回は他の人のことを考えることが大切だなと思いました。

・人に説明していても、捉え方や考え方が違うことが分かった。

・人に何かを伝えるときは自然と言葉とジェスチャーを使っていたため、言葉だけでの説明は難しかった。人の話を聞き、それを聞いて考える。この2つのことをリンクさせないとできないゲームだった。
・しっかりと情報を伝えるだけでなく、それを聞いて理解し想像する力も求められているとわかった。

 
 

 

 

 

 



15:48 | 投票する | 投票数(0)