お知らせ


高等部紹介

<概要>
 普通科の通常学級、重複障害学級が設置されています。普通の高校と同様の学習をする通常の学級の生徒は、卒業後の進路先として、大学・専門学校、一般企業、施設と様々です。教科の学習ばかりではなく、実際の体験を通して学習する重複障害学級の生徒は、就職・施設等への進路になります。どの学級であっても、生徒一人一人の希望を最大限に生かすよう学習を計画し、個に応じた授業形態を取り入れ、関係機関との連携を図って、卒業後の進路に向けます。

<めざす生徒像>

 ・卒業後の自立に向け、希望や可能性、生きる喜びを感じながら、自己の解決のために努力できる生徒

 

お知らせ


進学を希望する生徒に対しては、必履修科目の設定と主要教科等の単位配当を考慮するとともに、2年次から進路希望により科目を選択できるようにしています。また、就職を希望する生徒に対しては、各教科とも必要最小限の履修としていますが、職業生活を円滑に送れるよう、自立に必要な基礎・基本を履修できる学校設定科目を設けました。
 
   各教科>
                             
    国語総合                              情報処理:パソコン検定の学習
    自立活動
                          
         手芸:手指の巧緻性の向上コミュニ     自転車の練習:卒業後の交通手段
     ケーションの向上を目標にしたもの      の一つとしての練習
 
 

お知らせ


将来の自立を目指し、各教科と各教科等を合わせた指導(生活単元学習、作業学習など)を関連づけながら学習する学級があります。また、各教科等を合わせた指導と自立活動の時間を中心とし、一人一人の障害に応じた学習を行う学級(あすなろグループ)があります。また、家庭を訪問して指導している学級もあります。
 
<各教科>
         
 国語:職場実習先への礼状書き  音楽:トーンチャイム
  
  生活単元学習>
                            
      今年を表す漢字を       まつぼっくりで「クリスマスツリー」作り
  「書」にする学習 

                        
   作業学習>
              
 隣のあしかがの森足利病院     やまなみ祭で販売するパネル制作
 でのリネン作業    
   日常生活の指導>
     
  朝の会:軽く触れると画面が         始まりの会:始まりの合図として     
 変わるボタンを利用して、     木琴の音を聞いたり叩いたりする
 健康観察や一日の流れなどを確認               
   
   <自立活動>
             
 ミュニケーション力を              身体の硬さを軽減するためのストレッチ
     つける練習   
 

 

学校風景

連絡先

〒326-0011
栃木県足利市大沼田町619-1

電話 0284-91-1110
FAX 0284-91-3660

ナビを利用して本校に来校される場合には、
「あしかがの森足利病院」で検索されると便利です。