自然いっぱいコーナー

大坊山のふもとにある本校は、自然に恵まれた環境を生かした
自然保護活動が実施されてきました。

その沿革をみると、学校裏山に生息する野鳥の観察や巣箱かけ、
絶滅危惧植物「ミズアオイ」の栽培などの活動が評価され、
全国野生生物保護実績発表大会において林野庁長官賞や
子供エコクラブ「エコロジカルあくしょん」県コンテストで
優秀賞を受賞、県代表として全国フェスティバル
(名古屋)にも出場しています。

このような実績を踏まえ、
現在でも「野鳥の庭」や「蝶の里」の整備や果樹の植栽が行われ、
児童生徒たちによる環境教育活動に役立てられています。

この「自然いっぱいコーナー」は、
本校周辺に生息する動植物の息吹を身近に感じていただけるような
新鮮で楽しい情報を発信し、
自然観察の一助となることを目指して開設いたしました。

 

日誌

自然いっぱいコーナー
12345
2019/07/16

スイレンの花が咲いています。

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 7月16日(火)日照不足が心配されている今日この頃、
学校の中庭にある小さなビオトープには、
スイレンの花が再び咲きました。

 ヒメガマも花を咲かせました。
 平たいスイレンの葉には、
どことなくカエルを乗せたくなる風情がありますね。
    
 そこで一句。「ビオトープ 葉で待つ蛙(かわず) 雨を乞う」
12:21 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/07/01

ヒマワリの花も咲きました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 7月1日(月)の朝、アジサイの花のとなりに、
ヒマワリの花も咲いていました。

 このヒマワリは、梅の木と鉄棒の間で、
数年前から毎年発芽し育っています。
 花が咲き終わり、種ができると、
公仕さんが種をまいてくれます。
 よく見ると、一番背の高いヒマワリが
ロシアヒマワリのようです。

15:40 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/07/01

アジサイの花が咲きました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 7月1日’月)体育館とプールの間には、
駐車スペースと小さな変電室があります。
この変電室のフェンスと通路の間に、
アジサイの花が咲いています。

 このアジサイは、数年前、前公仕さんが
挿し木をして増やしました。
 お陰様で、こんなにきれいに咲きました。
08:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/28

ビオトープのヒメガマの花が咲きました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月29日(金)令和になって初めての台風3号も、
関東地方から遠ざかっています。
 小雨の降る中、本校の中庭にあるビオトープでは、
ヒメガマ(姫蒲)の花が咲き出しました。
 このヒメガマは、ガマより全体が小形で、
穂や葉が細いことに由来しています。
 
 花穂の上の方が雄花群で、下の方の淡い褐色に見えるのが
雌花群です。
 ガマやコガマと区別するヒメガマの特徴は、
この写真でもわかるように、雄花群と雌花群の間に
軸(花柄)がむき出しになっていることです。

 上の雄花に触ってみると、細かな花粉が
たくさん出てきました。
08:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/06/21

ビオトープの生き物たち

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月21日(金)小学部1年生の生活単元学習において、
ビオトープに生息する生き物たちの観察が
行われました。
 先日、教室で飼育していたカエルを
このビオトープに放しました。
 そして、今度はビオトープで
珍しいトンボを発見しました。

 チャレンジで来校してくれた毛野中学校のお姉さんと一緒に
網でつかまえました。

 イトトンボの仲間でしょうか? 
 図鑑で確かめてみましょう!
 
  「あれれ!」足下を見ると
なんと、ヤゴのぬけがらを発見しました。

 ビオトープには、いろいろな生き物が生息していることが
わかりました。
16:07 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/21

プールにいたオタマジャクシは今!

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月4日(火)に実施されたプール清掃で、
たくさんのオタマジャクシが採取されました。
 それを教室に持ち帰って飼育しました。

 今では4本の脚も出てきて、
立派に成長しています。
 (オタマジャクシはエラ呼吸、カエルになる時、
  肺呼吸にかわります。そこで注意したいのは、
  しっかりした足場が必要になり、
  おぼれないように石を置いて工夫しました)

 6月20日(木)育ったカエルたちを
学校中庭のビオトープに放しました。

 プールにいたオタマジャクシでしたが、
こんなに立派なカエルになりました。
14:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/06/18

校庭を飛び交うアゲハチョウ

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月18日(火) 校庭の隅にある「ちょうの里」には、
キンカン、サンショウ、レモン、ミカンなどの
アゲハチョウが好む柑橘系のくだものが植樹されています。

 早朝、近くでアゲハチョウを見たいという児童のために、
キアゲハをつかまえました。

 不思議そうに見つめる児童。近くでよく見ると、
とてもきれいな羽をしていました。
 これからも、身近な自然を観察していきましょう。

09:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/06/14

身近な自然観察

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月14日(金) 校庭で不思議なトンボを発見!
 「今まで見たこともないトンボだ”」
 小学部の児童がつかまえたトンボ
 「名前はなんて言うんだろう?」

 調べてみると、シオカラトンボの子どもでした。

 そして、学校の裏山では中学部の生徒たちが
野鳥の観察をしました。

 自然の美しさや、生命の尊さを体感できました。
16:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/13

今年も巣箱の中で!

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 6月12日(水) 学校の裏山(ほたる沢公園)に仮設した
巣箱の中で、今年もシジュウカラの雛が育っていました。

 ほたる沢公園を散布していると、
ピィ、ピ゚ィと、小さな声が聞こえてきました。
親鳥を待っている雛たちの声です。

 さっそく、中学部の生徒が観察に出かけました。
 もう、すっかり目を開けた雛たち、
 「あれ、お母さんじゃない!」と思ったのか、
みんな恥ずかしそうに下を向いてしまいました。
そこで、しずかに写真を撮って、
教室で写った雛の数を数えました。
 全部で何匹いたでしょうか?
 
 今年も、児童生徒が作成した巣箱から、
たくさんの小鳥たちが巣立って行くことでしょう。

07:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/06/05

「ツタンカーメン王副葬品エンドウ豆」の栽培

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別活動部
 平成30年の夏、「とちぎ環境みどり推進機構」からいただいた数粒の種、
これは、ツタンカーメン王副葬品だとのこと。
 そこで、慎重に種を増やしてから学校で栽培することとし、
教材研究の一環として、とりあえず職員の自宅の畑で育ててみました。

 昨年の11月、畑の片隅で育てました。(普通のエンドウ豆と
交配しないよう、遠ざけて栽培)
 すると、どうでしょう! 実ったサヤの色にびっくり!
ご存じの通り、現在食用のエンドウのサヤ色は黄緑ですね。
なんと、このエンドウ豆は、写真のように若いサヤのうちから
黒に近い茶褐色でした。(ツタンカーメン王副葬品エンドウ豆の特徴)

 このエンドウ豆の由来は、(高橋 潔様による)
「野木町の生田目 光世様よりいただいた記録によるもので、
 この一粒から摂れたエンドウ豆が多くの方々の手に渡り栽培される
 ことを記念する次第です」とのこと。

 <由来>
 1922年(大正11年)イギリスの考古学者カーナー・B・カーターが
エジプト・ナイル川上流ルクソール市郊外、王家の谷の墳墓発掘の時、
ツタンカーメン王(在位BC1359~1349)の墓を発見した。

 王の柩に副葬されていた様々な日用品に混じって、
エンドウ豆が発見された。
 この豆は、古代エジプト人が食用にしていたものであろう。

 カーターは、それをイギリスに持ち帰り、栽培に成功した。
その一部がアメリカに渡り、栽培が続けられた。
 日本へは、1956年(昭和131年)「世界友の会水戸支部」の
大町武雄氏が数粒入手して栽培し、これをもとにして、
水戸市内の小・中学校で教材として栽培するようになった。
 たまたま、1983年(昭和58年)水戸市立三の丸小学校で
「全国小学校理科研究大会」が開かれた時、
同校では、参加者のうち希望者に少量ずつ配布した。
 
 本県では、藤原町立下原小学校の杉本昌夫先生が2粒入手し、
同校で教材として栽培したのが始まりで、
この種子を1985年(平成6年)1月、石橋町・国分寺町。小山市
野木町の現職校長・退職校長の研修会の時、
この種子を参加者に少量ずつが畏怖した。
同席の野木町立新橋小学校長の金沢尚武先生が20粒ほど入手した。
うち5~6粒を野木町の「生田目光世」が入手し、
同町老人福祉センターで栽培した。
 翌年から、自宅の畑で栽培し現在に至っている。

 県下での愛好家の人数等は明らかではないが、
野木町内には、数人の愛好家がおり、
細々と栽培しているようである。
                平成11年12月13日
                生田目 光世 記
       とちぎ環境みどり推進機構の資料より
 
 このような経緯から、このほど本校にやってきた不思議な種。
今年の4月に収穫した種は、100粒にも増えました。

 いよいよ今年の秋に、学校で栽培する準備は整いました。

 特色ある学校づくりの一環としての環境教育。
児童生徒たちにとって、生命の尊さとたくましさが感じられる
貴重な教材となるといいですね。             
08:44 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
12345

学校風景

連絡先

〒326-0011
栃木県足利市大沼田町619-1

電話 0284-91-1110
FAX 0284-91-3660

ナビを利用して本校に来校される場合には、
「あしかがの森足利病院」で検索されると便利です。