記事

在校生・卒業生の声
12345
2022/03/10

県立宇都宮工業高等学校

| by 事務局

技能五輪全国大会「配管職種」金賞

株式会社関電工 石井 悠貴 さん
(栃木県立宇都宮工業高等学校 環境設備科 令和33月卒業)

 

私は、在学中から技能五輪全国大会で金賞を取ることが目標でした。入社した関電工では専門的な訓練を毎日行い、配管職種の会社代表として出場した今年の技能五輪全国大会で、念願の金賞を取ることが出来ました。夢を実現できたのは、在学時代から一貫して目標に向かって、ひたすらに努力した結果だと思います。

今後は、現場で配管技能職として技術・技能を磨くと共に、技能五輪では、個人の連覇を目標に頑張って行きたいと思います。
(左の写真:石井さんの競技写真、右の写真:配管職種の競技に出場した全国の選手)


08:47
2022/02/17

県立佐野松桜高等学校

| by 事務局

栃木県立佐野松桜高等学校

平成30年度 情報制御科卒業  渡辺 皆斗 さん(佐野市立南中学校出身)

東京計器株式会社

 

「高校生活で学んだこと」

 私は、情報制御科を卒業後、東京計器株式会社に入社し佐野工場配属になりました。佐野工場では、自動機械やボール盤、旋盤等の汎用機を使い油圧製品を作っています。入社した頃は、分からない事だらけで指導を受けていましたが、一人でできることが、だんだん増えて、自分の成長を感じることができました。その瞬間がやりがいになり、日々の仕事に前向きに取り組めています。

 情報制御科ではものづくりに関することを広く学ぶことができます。得意、不得意も出てくるかもしれませんが自分の好きな科目が見つけられると思います。進路を決める際にそれが強みになって自分のやりたい仕事、学びたい大学など、進路を決める上で役に立ちます。私も高校生活で学んだ事は、今でも仕事の役に立っています。

これから高校に進学する皆さんも自分が興味あることを探し、新たな仲間との楽しい生活と勉強、部活動を頑張ってください。



11:46 | 卒業生の声
2021/12/06

県立宇都宮工業高等学校

| by 事務局

栃木県立宇都宮工業高等学校

環境土木科3年  町田 歩佑美 さん(小山市立間々田中学校出身)

 

 私は、授業や資格取得をとおして、土木の専門的な分野について学んでいます。

 本校は、設備が整っており、実習ではさまざまな器機に触れ、個々の技能を高めることができます。また、外部の方々の講話や校外学習も充実しており、知識をより深めることができます。

 今後も、進路実現に向けて努力し、残りの学校生活を有意義に過ごしていきたいです。



    測量実習の様子
13:29 | 在校生の声
2021/12/06

県立宇都宮工業高等学校

| by 事務局

栃木県立宇都宮工業高等学校

環境建設システム系 1年  中三川 翔人 さん(真岡市立中村中学校出身)

 

私は、将来、建設業に携わりたいと考えており、その知識を身につけるために宇都宮工業高等学校に入学しました。

 現在は、座学や実習をとおして専門的な知識や技術を学んでいます。

 実習では、県内で宇都宮工業高等学校にしかない測量器機や建設機械を使った内容があるので、他の学校ではできない貴重な体験をすることができます。

在学中には、さまざまな資格を取得することができます。私は、今までに2つの資格試験に挑戦しました。

進路についても1年生のときから、たくさんの進路の情報を提供してくださるので、選択肢が増え、いろいろな進路について考えることができます。

私はまだ1年生ですが、将来の夢に一歩でも近づけるように勉強や資格取得に熱心に取り組んでいきたいです。

 
土木研究部(コンクリートカヌー製作)




13:24 | 在校生の声
2021/11/02

県立鹿沼商工高等学校

| by 事務局

栃木県立鹿沼商工高等学校

情報科学科3年  廣田 颯太 さん (鹿沼市立東中学校出身)

 

私の通う情報科学科は、電子回路やプログラムを中心に、旋盤や製図など、工業について幅広く学ぶことのできる学科です。
 また、私は科学技術研究部に所属し、高校生ものづくりコンテストの電子回路組立部門で県大会に出場しました。大会に臨むにあたって、部活動の時間を使い、過去に出題された問題を自分で考えながら解き、対策を重ねることで、本番では3位入賞し、関東大会に出場することができました。

私はこのことを生かして、将来社会に役立つ仕事をしたいと考えています。残り少ない高校生活の中で技術や知識を身に付けていきたいです。

 
14:47 | 在校生の声
12345