【東照宮本殿、石の間及び拝殿】
(とうしょうぐうほんでん、いしのまおよびはいでん)


●指定年月日

昭和26年6月9日指定

●所在地

日光市山内

●アクセス方法

JR・東武線日光駅から2q。駅から東武バス「表参道」下車。

●公開状況

公開(有料)

●所有者又は管理者

東照宮

●公開画像


●文化財概要

 日光東照宮は元和3年(1617)の創建で、神君徳川家康公を祀る霊廟である。古来より日光は神仏習合の霊場であり、輪王寺及び二荒山神社等の諸堂宇が建立されていたが、既設の諸堂社を移建し、造営したのもである。その後、寛永13年(1636)に三代将軍徳川家光公によって所謂寛永の大造替が行われ、現在の姿になった。
 東照宮は当時のあらゆる文化を取り入れ、美術工芸の粋を尽くしたものであり、江戸時代初期における我が国の代表的建造物である。その名声は世界的なものであり、平成10年に輪王寺二荒山神社とともに、「日光の社寺」として世界遺産に登録された。

 ○拝殿  九間×四間、入母屋造、正面千鳥唐破風付、正面向拝三間、軒唐破風付、銅瓦葺
 ○石の間 三間×一間、両下造、銅瓦葺
 ○本殿  五間×五間、入母屋造、背面向拝一間、銅瓦葺

 拝殿と本殿を石敷きの相の間(石の間)で繋いだ構造となっており、東照宮がその始まり(数件の先駆的事例はあるものの、本格的に完成したのは日光東照宮であるとされる)であることから、家康公の神号にちなんで「権現造」と称される。ほかに大工道具や旧妻戸を附とする。