【牛塚古墳】
(うしづかこふん)


●指定年月日

大正15年2月24日指定

●所在地

下都賀郡壬生町壬生

●アクセス方法

東武宇都宮線「壬生駅」下車徒歩約20分

●公開状況

 
見学可

●所有者又は管理者

壬生町

●公開画像

●文化財概要

 牛塚古墳は、東側に隣接する車塚古墳(円墳)とともに、黒川東岸の大地上につくられた前方後円墳です。
 墳形は前方部が短くて前端が広がらない形状でした。墳丘は二段に造られ、第一段平坦面が幅広く造られているのが特徴です。
 平成27・28年度に発掘調査が行われ、規模等が判明しました。全長は70mほど、墳丘長は49.5m、後円部の直径は38mになります。周溝は中央付近がさらに深く掘り下げられる二段掘りになる特異な形状です。
石室位置は前方部正面と想定されます。
 なお、牛塚古墳・車塚古墳の南約500mには、国指定史跡愛宕塚古墳があります。