【摩利支天塚古墳】
(まりしてんづかこふん)


●指定年月日

昭和53年7月21日指定

●所在地

小山市大字飯塚

●アクセス方法

JR小金井駅より徒歩60分。JR小山駅より関東バス扶桑団地下車徒歩20分

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

小山市

●公開画像

●文化財概要

 摩利支天塚古墳は、全長が117mあり、県内で3番目の規模(1位は吾妻古墳、2位は琵琶塚古墳)をもつ古墳として知られています。古墳の形は前方後円墳をしており、まわりには、幅20mほどの堀がめぐらされ、一部は2重になっています。また、墳丘は2段築成で、前方部の中央が尖る剣菱形の古墳とされています。
 この古墳がつくられた時期については、古墳の形状や出土した埴輪などから5世紀の末(今から約1500年前)と考えられています。

※写真手前が摩利支天塚古墳。道路を挟んだ奥側の古墳は、国指定史跡琵琶塚古墳。