【真岡高校記念館】
(もおかこうこうきねんかん)


●指定年月日

平成10年7月23日指定

●所在地

真岡市白布ケ丘

●アクセス方法

真岡鉄道真岡駅下車徒歩5分

●公開状況

 
見学申請により公開

●所有者又は管理者

栃木県

●公開画像

●文化財概要

真岡高校の前身は明治33年に開校した県立第三中学校である。中学校令の改正により尋常中学校が第一中学校(現在の宇都宮高校)となり、栃木分校が第二中学校(現在の栃木高校)として独立し、三番目の県立中学校として設立された。
真岡高校記念館は明治36年(1903)に建設された旧本館で、板張りペンキ塗りの外壁と上げ下げ窓、太い丸柱を立てた玄関ポーチなどの洋風建築である。
全体の構成は、宇都宮高校旧本館とよく似ているが、内部の所々に独特の和風意匠が施されている。
一階は展示室として、二階は講堂で現在も活用されている。