【医王寺金堂】
(いおうじこんどう)


●指定年月日

昭和48年1月12日指定

●所在地

鹿沼市北半田

●アクセス方法

東武金崎駅から粟野町営バス粟野町役場経由上永野大畑行きで約10分医王寺下車

●公開状況

公開
外観公開 内部非公開

●所有者又は管理者

医王寺

●公開画像

●文化財概要

 医王寺金堂は、寛文5年(1665)に再建され、桁行5間、梁間4間で正面に向拝1間を設けている。屋根は、茅葺の寄棟造りで、その高さは20mあまりあり、内部は、内・外陣に分かれ、内陣に入母屋造りの立派な宮殿を安置し、薬師如来を祀っている。内外とも、塗装・彩色が施され、江戸時代における地方の特色がよく現れている大伽藍である。
 平成23年まで実施した修理により、箱棟に変更した。