【雄琴神社銅製鳥居】
(おことじんじゃどうせいとりい)


●指定年月日

平成1年8月25日指定

●所在地

下都賀郡壬生町通町

●アクセス方法

東武宇都宮線「壬生駅」下車徒歩5分

●公開状況

 
見学可

●所有者又は管理者

雄琴神社

●公開画像

●文化財概要

雄琴神社の銅製鳥居は安永7年(1778)、壬生の豪商加藤作太夫により寄進されたものです。
 鳥居は柱の上部に大輪を付け、島木で受けた稲荷鳥居です。根巻には八双飾りがあり、台石にはそれぞれ唐獅子の鋳物が配され、 天明鋳物師を代表する丸山一族の手による、均整のとれた優美な銅製鳥居です。同形態の鳥居には、田沼一瓶稲荷神社(1746)や足利・赤木神社(1769)、栃木・太平神社(1791)の鳥居があります。

 銘文(右柱) 奉献 御宝前
  安永七戊戌年九月吉日
  加藤作太夫
  永精
  建之
 銘文(左柱)下野佐野鋳物師
  丸山善太郎藤原易親