【大山記念館洋館(旧・大山巖別邸洋館)】
(おおやまきねんかんようかん)


●指定年月日

平成7年8月22日指定

●所在地

那須塩原市下永田

●アクセス方法

JR宇都宮線西那須野駅東口下車ー徒歩10分

●公開状況

随時
見学には那須拓陽高校の許可が必要(内部見学:月水金13:00〜16:00、外観のみ見学:土日祭日を除く随時)

●所有者又は管理者

栃木県

●公開画像

●文化財概要

 大山記念館は、明治の元勲大山巌(元帥・公爵)が設立した大山農場(明治14年設立の加治屋開墾場を同34年分割して設立)に建てられた別邸である。和館・洋館から成っており、大山農場の歴史を伝える貴重な建造物である。そのあらましは以下の通りである。
 1構造 煉瓦造平屋建。寄棟桟瓦茸
 2床 面積 189u(約57坪)
 3建造年 明治末期

 洋館の建築には外国人が関わったといわれており、煉瓦は農場における所要農場の別邸では、唯一の煉瓦造である。全体的には創建当時の姿を留めており、洋館の重厚な建築となっている。内部も暖炉や天井の装飾など洋風のデザインで統一されている。