【塚山古墳】
(つかやまこふん)


●指定年月日

昭和28年11月10日指定

●所在地

宇都宮市西川田町

●アクセス方法

 

●公開状況

 

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

 栃木県総合運動公園(総合グランド)の南側にある前方後円墳で、古くは兵庫塚古墳(ひょうごつかこふん)と呼ばれていた。墳丘の全長は約98mであるが、後円部の一部が道路によって削られている。前方部幅は約55m、同高さ約8m、後円部の直径は約50m、同高さ約8mの大きな規模を誇っている。墳丘上には葺石(ふきいし)がみられ、埴輪(はにわ)の出土を伴っている。古墳の回りには周湟(しゅうこう)の跡がみられ、周湟を含めると推定全長が130mにもなる。
 この古墳のすぐ近くには県指定の塚山西古墳塚山南古墳等の多くの古墳がみられ(多くは削平されてしまった)、それらの古墳の主墳ともいえる古墳である。なお、墳丘の形からこの古墳が造られたのは、古墳時代中期と推測できる。