【大塚台古墳】
(しせきおおつかだいこふん)


●指定年月日

昭和28年11月10日指定

●所在地

芳賀郡芳賀町芳志戸

●アクセス方法

 

●公開状況

 

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

墳丘は東西にやや長い楕円形状を呈し、東西径48.5m、南北径44mで、高さは約5mである。周湟の跡や内部主体は未調査であり判然とせず、埴輪等も発見されていない。従って築造時期についてもはっきりしないが、県内に分布する円墳としては大型の部類に属し墳形から考えると案外古い中期古墳かもしれない。台地の東西に広がる肥沃地を基盤とした大きな権力の掌握者が存在し、町内最高地点を占めた遠近眺望をほしいままにした景勝の地に、墳基の地を定めたたものであろう。