【大塚古墳】
(おおつかこふん)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

宇都宮市上戸祭町

●アクセス方法

 

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

田川の右岸にあり、宇都宮丘陵の南端の緩やかな南向きの斜面に造られている大型の円墳である。墳丘部は2段の築造になっており、直径53.4m、高さは3.4mの第1段の上に高さ2.8mの第2段がのっており、全体として6.2mの高さになる。頂上部は直径約9mの範囲が平坦となっており、截頭円錐型(せっとうえんすいがた)の形の美しい円墳でもある。周湟は一部破損しているが、北西から東側にかけて残存し、その幅は6.6m、深さは約1.3mである。石室の詳細は不明であるが、横穴式であることが盗掘の跡から分かっている。この古墳は古墳時代後期の6世紀後半に位置づけられる。