【二宮尊徳の墓】
(にのみやそんとくのはか)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

日光市今市

●アクセス方法

東武上今市駅より徒歩5分

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

報徳二宮神社

●公開画像

●文化財概要

 墓碑の高さ1.3m、幅0.45m。碑表「誠明院功誉報徳中正居士位」、裏「二宮金次郎尊徳之墓 安政三年丙辰十月二十日」。
 二宮尊徳は、小田原栢山(神奈川県小田原市)に生まれ、少年時代に父母を失い、一生懸命勉強して自立し、藩主に命ぜられた桜町(現:栃木県真岡市)の復興を始め、茂木・烏山・真岡等の仕法に尽力し、嘉永6年(1853)日光神領の復興を幕府より命ぜられた。
 今市報徳役所にあって着々成果を上げたが、70歳で亡くなり、如来寺の墓地(現在の報徳二宮神社境内)に埋葬した。