【毘沙門山古墳】
(びしゃもんやまこふん)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

小山市大字中里

●アクセス方法

 

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

 毘沙門山古墳は、墳丘の裾の部分が耕作などによって削平されているため、正確な規模はわかりませんが、周辺の圃場整備に伴って実施した確認調査の結果、推定全長41.2m、後円部径34m、高さ5.18mの帆立貝形前方後円墳です。古墳のまわりには、幅12mの周堀がめぐらされています。
 古墳内部の発掘調査はされていませんが、周堀の中からみつかった土師器から古墳が築造された時期は6世紀と考えられます。