【長塚古墳】
(ながつかこふん)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

下都賀郡壬生町羽生田

●アクセス方法

 

●公開状況

 

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

長塚古墳は、黒川東岸の河岸段丘上につくられた前方後円墳です。
墳丘は二段につくられ、幅広い墳丘第一段平坦面をもっています。墳丘の大きさは第一段の全長が、約77m、第二段が53mあります。墳丘の高さは前方部、後円部ともほぼ同じで約4.5mほどあります。
墳丘の周囲には、堀(周溝)がめぐっていたと思われますが、現在畑地となっているため確認はできません。
長塚古墳からは、埴輪などの出土遺物は確認されていませんが、古墳の形から古墳時代後期に築かれた古墳と考えられています。長塚古墳の北には、羽生田地区の大型古墳の中では、最も新しいとされる桃花原古墳(円墳)があります。