【亀塚古墳】
(かめづかこふん)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

下都賀郡壬生町安塚

●アクセス方法

東武宇都宮線「安塚駅」下車徒歩15分

●公開状況

 
見学可

●所有者又は管理者

磐裂根裂神社

●公開画像

●文化財概要

 亀塚古墳は、姿川西岸の河岸段丘上にある前方後円墳です。町内の大型古墳にみられる墳丘第一段平坦面を幅広く造る特徴は、亀塚古墳ではみられません。
 墳丘の大きさは、全長が約55m、後円部の高さが約6mあります。現在は前方部上に磐列根裂神社がまつられているため、前方部の高さについては不明です。
 亀塚古墳の周辺には、上原古墳群や坂下古墳群など小さな古墳が数多く築かれています。
 近年、墳丘北側部の発掘調査を行った結果、幅9mほどの堀(周溝)跡を確認しました。また、堀からは鉄鏃が1本出土しています。