【大塚古墳】
(おおつかこふん)


●指定年月日

昭和32年6月30日指定

●所在地

下都賀郡野木町南赤塚

●アクセス方法

 

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

 野木町の南東部県境に位置する南赤塚の御門に大塚古墳がある。この古墳は、舌状をした台地にあり地元では、「五界塚」と呼ばれ、五基の古墳が存在したとされているが、墳形は方墳が一基・円墳三基の四基しか確認できない。
 この四基の古墳の内、方墳に大塚古墳の名称がつけられている。この地方では珍しい截頭方錐形の方墳で、御門古墳群の主墳の位置を占める。
 規模は一辺の長さ約23メートル、高さ3.5メートルである。墳丘は明確な方形状をなしているが、北西コーナーで少し崩れている。墳頂部は長辺約9メートル、短辺約8メートルの長方形状をした平坦地で、稲荷神社がある。