【中村城跡】
(なかむらじょうあと)


●指定年月日

昭和35年5月24日指定

●所在地

真岡市中

●アクセス方法

真岡鉄道真岡駅下車車で10分〜15分

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

宗教法人 遍照寺

●公開画像

●文化財概要

 現況 南北 約182m 東西約191m
 濠深さ約6m 幅約9m
 方形の平城である。現在の遍昭寺の境内が城跡である。
 中村太郎藤原朝宗が鎌倉時代に築いて以来、代々中村氏の居城であった。中村氏一族は、源頼朝の奥州征伐に従軍し、軍功あって伊達郡を与えられ、伊達氏の祖となったと伝えられる。その後、天文13年(1544)玄角が水谷播龍との戦いに敗れ、それ以来廃城になった。内濠は極めて保存状態が良い。