【児山城跡】
(こやまじょうあと)


●指定年月日

昭和36年4月14日指定

●所在地

下野市下古山

●アクセス方法

 

●公開状況

 

●所有者又は管理者

個人所有

●公開画像

●文化財概要

 児山城は、多功城・上三川城とともに、宇都宮城の南方の守りのために築かれた城で、約660年前の建武年間(1334〜1337)に、宇都宮頼綱の四男・多功宗朝の二男(または三男)朝定によって築城されたと伝えられています。
 城は姿川東岸の台地上に、谷や丘陵をたくみに利用して築かれています。本丸の土塁と堀がほぼ完全な形で残っており、その規模は東西に80m、南北に90mほどです。土塁の四隅には本丸平坦地からの高さが3〜4mの櫓跡があります。堀は幅20mほどあることから、鉄砲を意識して掘られたのではないかと考えられます。
 児山城周辺では、築城以来数々の戦がおこなわれました。永禄元年(1558)に、越後の上杉謙信が多功城に来襲した時、児山城主児山兼朝は多功氏らと防戦しましたが、討死してしまったため廃城になったと伝えられています。