【深山巴の宿】
(じんぜんともえのしゅく)


●指定年月日

昭和37年11月8日指定

●所在地

鹿沼市草久深山

●アクセス方法

JR鹿沼駅東武新鹿沼駅からバス終点「古峯原神社」下車古嶺原神社から徒歩1時間45分

●公開状況

随時

●所有者又は管理者

古峯神社

●公開画像

●文化財概要

古峯ヶ原高原の足尾境に位置し、やや窪地で周囲には堀がめぐっています。檜の下の石祠には勝道上人・日本武尊が祀られ、日光修験の峰修行の拠点として長い間重要な役割を果たしてきました。付近の石像や石祠に昔の峰修行の面影をみることができます。勝道上人は日光開山に先立ち、天平宝字元年(757)のある夜、北方の大山の頂上に大剣が立っている不思議な夢を見て、大剣峰(横根山)に登り3年間修行をした後、薬師寺で研学、再び大剣峰に登り庵を結んで修行したといわれます。この庵のあったところの周囲の堀が巴文に似ているところから、「巴の宿」と名付けられたといわれます。