【西明寺境内】
(さいみょうじけいだい)


●指定年月日

昭和50年4月30日指定

●所在地

芳賀郡益子町益子

●アクセス方法

真岡鉄道益子駅下車3.7km(タクシー・レンタサイクルあり)

●公開状況

公開

●所有者又は管理者

西明寺

●公開画像

●文化財概要

 西明寺は独鈷山普門院と号し、真言宗豊山派に属する坂東20番の札所であり、本寺も含めた高館山一帯は県立自然公園となっている。寺伝によると、行基により天平9年(737)創建されたとされ、その後宇都宮氏や益子氏の手厚い庇護を受けたとされる。
 境内には、楼門三重塔本堂内厨子(いずれも国指定)、本堂鐘楼本堂厨子内仏像群8体木造千手観音立像木造千手観音坐像木造閻魔大王坐像・両脇侍像梵鐘こうやまき椎林叢(いずれも県指定)、閻魔堂、大師堂(いずれも町指定)等の文化財がある。