【丸塚古墳】
(まるづかこふん)


●指定年月日

昭和53年6月2日指定

●所在地

下野市国分甲字阿弥陀

●アクセス方法

宇都宮線小金井駅下車、車で10分

●公開状況

公開
常時可能

●所有者又は管理者

下野市

●公開画像

●文化財概要

丸塚古墳は、直径約74m、高さ約7.2mで、二段に造られた県内でも大規模な円墳です。
墳丘の第一段目に幅約10mの平坦面(基壇)があるのが特徴です。
墳丘の南側に造られた横穴式石室は、側壁・奥壁・天井石とも凝灰岩の巨大な一枚石による切石積でできています。また、入口は一枚石の中央をくり抜いて作る『くり抜き玄門』と呼ばれる技法を用いています。
埴輪はなく、7世紀前半の築造と考えられます。