【愛宕塚古墳】
(あたごづかこふん)


●指定年月日

昭和53年9月8日指定

●所在地

下野市国分甲字愛宕

●アクセス方法

宇都宮線小金井駅下車、車で10分

●公開状況

公開
常時可能

●所有者又は管理者

愛宕神社

●公開画像

●文化財概要

愛宕塚古墳は、二段に造られた前方後円墳で、全長は70mと推定されます。
墳丘の第一段目には幅の広い平坦面(基壇)があるのが特徴です。
前方部南側のくびれ部寄りに横穴式石室があり、凝灰岩の天井石が一部露出しています。
詳しい調査はまだ行われていませんが、埴輪は持たず、昭和3年に発見されている須恵器からみて、6世紀終わり頃の築造と考えられます。
現在、墳丘の南側には愛宕神社がまつられています。