【釈迦堂殉死の墓及び譜代家臣の墓】
(しゃかどうじゅんしのはかおよびふだいかしんのはか)


●指定年月日

昭和56年10月27日指定

●所在地

日光市本町

●アクセス方法

 

●公開状況

 

●所有者又は管理者

輪王寺

●公開画像

●文化財概要

 女峰山の東南麓、大谷川北岸に南面する釈迦堂の西側に所在する墓地であり、南北に長い長方形状を呈し、東側の釈迦堂本堂に向く。
 墓碑は総計24基で、3代将軍家光の殉死者5名、初代家康及び2代秀忠譜代家臣の墓碑19基である。その没年銘により、慶長15年(1610)から寛文8年(1668)に及ぶ、およそ江戸初期のものとみられる。
 大老や老中といった幕閣の最高の権門・武門のものを含む24基の墓碑が、整然と存する本墓地の景観はまさに偉観であり、その価値は極めて高いといえる。