国指定 かっちゅうかなぐごうひらいし
工 芸 品 甲冑金具 号避来矢
クリックすると拡大 指定年月日 昭37・6・21
所在地 佐野市富士町
管理者 唐沢山神社
制作時期 平安時代
アクセス方法 JR両毛線佐野駅車30分東武佐野線吉水駅車15分東北自動車道佐野インター車40分
公開状況 事前連絡が必要
むかし、俵藤太秀郷が近江の国瀬田の唐橋から、三上山にいた百足を弓矢で退治した時、その謝礼として龍王より贈られたものであるという。避来矢の鎧というのは、飛んでくる矢を避ける意味である。また、源平の戦いで足利忠綱が着用し、重い甲冑を脱いで置いたら平らな石に化けていたので、平石の鎧とも言われる。その後、子孫である佐野家の家宝として代々受け継がれた。江戸初期火災にあい、健在兜鉢、胸板、壷板、鳩尾板等の鉄製部分が残されていて、甲冑の様式を知るうえでまことに貴重である。兜鉢は薄い15枚の鉄板を重ね、一行に6点ずつ尖った星を打ち、内部は空洞になっている。これを空星と呼び、平安後期の星兜に見られる特徴である。

国指定一覧へ戻る 県指定一覧へ戻る 市町村別一覧へ戻る