国指定 たちめいりきおうつけたりくろうるしたちこしらえ
工 芸 品 太刀 銘 力 王 附 黒漆太刀拵
クリックすると拡大 指定年月日 昭25・8・29
所在地 足利市小俣町
管理者 鶏足寺
制作時期 鎌倉時代末か南北朝時代
アクセス方法 JR小俣駅から徒歩約20分
公開状況 非公開
長さ 90.6cm 反り 4.43cm
身幅 3.8cm
縞造、庵棟、身幅広く反り高く長大、鍛え板目柾がかかって沸づき、刃文は間あきの互の目乱れ刃が揃い、刃縁は砂流しかかってほつれ、帽子掃きかけて尖り小丸に反る。表裏棒樋を中心まで掻き流している。生ぶ中心長く、「力王」銘を小さく草書体できっている。拵は金具まで黒漆をかけ、簡素ながら剛強の感が溢れている。寺伝では後嵯峨天皇皇子御誕生の祈祷を仰せつかり、その坦刻として奉納されたものという。

国指定一覧へ戻る 県指定一覧へ戻る 市町村別一覧へ戻る