国 宝 そうばんしゅうえきちゅうそ
書   籍 宋版周易註疏
クリックすると拡大

クリックすると 2枚目の画像表示
指定年月日 昭30・6・22
所在地 足利市昌平町
管理者 足利市
制作時期 南宋時代
アクセス方法 JR足利駅より徒歩約10分(史跡足利学校跡)
公開状況 非公開
縦27.0cm 横19.1cm
端平元年陸子■奥書並びに上杉憲忠寄進記
周易は易経、または易とも称し、その注疏は正義ともいい、魏の王弼、晋の韓康伯が注をなし、唐の孔穎達が勅を奉じて撰したもので、13巻(巻首缺)からなる。毎冊巻首の上欄に「足利公用」と横に墨書し、巻末には「上杉右京藤原憲忠寄進」と墨書がある。そして、毎冊の終りに端平年間(1234−1236)睦子■が奥書を加えてその伝来の正しさを伝えている。

国指定一覧へ戻る 県指定一覧へ戻る 市町村別一覧へ戻る