指定年月日は、旧法時代も含まれるため、文化財一覧と一部異なります。

区  分

名  称

指定年月日

制作時期

概  要  説  明

重要文化財 本殿 1908・08・01 元和5年(1619) 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)、大己貴命(おおなむじのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)を祀る神殿。
重要文化財 唐門 1944・09・05 江戸時代前期 本殿の前に建つ門。
重要文化財 掖門及び透塀 1944・09・05 江戸時代前期
掖門 透塀の門
透塀 本殿を囲む屋根付きの格子つきの塀。
重要文化財 拝殿 1908・08・01 正保2年(1645) 神霊を礼拝するための建物。
重要文化財 鳥居 1944・09・05 寛政11年(1799) 参道に建つ銅製の鳥居。
重要文化財 神橋 1944・09・05 明治37年(1904) 日光山内の入り口に架かる木造の反りのある桁橋。
重要文化財 別宮滝尾神社本殿 1944・09・05 正徳3年(1713)頃 地主神、田心姫命(たごりひめのみこと)を祀る神殿。
重要文化財 別宮滝尾神社唐門 1944・09・05 元文5年(1740) 本殿の前に建つ門。
重要文化財 別宮滝尾神社拝殿 1944・09・05 正徳3年(1713)頃 神殿を礼拝するための建物。
重要文化財 別宮滝尾神社楼門 1944・09・05 元禄10年(1697) 滝尾神社の入り口の門。
重要文化財 別宮滝尾神社鳥居 1944・09・05 元禄9年(1696)、安永8年(1779) 参道に建つ石製の鳥居。
重要文化財 別宮本宮神社本殿 1944・09・05 貞享2年(1685) 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀る神殿。
重要文化財 別宮本宮神社唐門及び透塀 1944・09・05 貞享2年(1685)頃
唐門 本殿の前に建つ門。
透塀 本殿を囲む屋根付きの木柵。
重要文化財 別宮本宮神社拝殿 1973・06・02 貞享2年(1685) 神霊を礼拝するための建物。
重要文化財 別宮本宮神社鳥居 1973・06・02 寛政12年(1800) 参道に建つ石製の鳥居。
重要文化財 神輿舎 1973・06・02 寛永18年(1641) 神輿を納めるための建物。
重要文化財 大国殿 1973・06・02 延享2年(1745) 大国主命を祀る神殿。
重要文化財 末社朋友神社本殿 1973・06・02 宝暦(1751〜1761)頃 少彦名命を祀る神殿。
重要文化財 末社日枝神社本殿 1973・06・02 慶安(1648〜1651)頃 大山昨命を祀る神殿。