メニュー

学悠館高校ビジョン

カウンタ

COUNTER1084366

オンライン状況

オンラインユーザー7人

学悠館高校 開校15周年

 

学悠館ヒストリー&フューチャー

J-ALERTへの対応

学悠館高校では、臨時休業や始業時刻を変更する場合及び避難対応について指示する場合のみ、学校ホームページ・メール一括配信システム(定)・クラス連絡網()等でお知らせします。
H290928 Jアラート対応生徒保護者通知.pdf
 

フォトアルバム

学校長より

学校長より >> 記事詳細

2019/04/24

平成31年度(令和元年度)ごあいさつ (校長室から)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

   平成31年度(令和元年度)ごあいさつ                                                       

                                                            校長 飯  田  道  彦


 着任して
2年目を迎えました。5月から新元号の令和となります。新しい時代の幕開けを迎えて心が引き締まる思いです。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 先週から定時制の授業が始まり、通信制の日曜・火曜始業式が実施され、今年度のスタートが切られました。年度当初の行事で生徒の前に立ちますと、定時制・通信制ともに姿勢が良く顔がしっかり上がり、目線を合わせてうなずいてくれる生徒が多くみられます。中には式辞の中での問いかけに、大勢の前で手を挙げて答えてくれる生徒も出てきました。

校内を歩いていると、授業ではほとんどの生徒が真剣な眼差しで教師の説明を聴き、与えられた課題に取り組んだりノートを取ったりすることができています。また、上級生を中心に、自分から活気のあるあいさつをしてくれる生徒が多く見られます。

これらのことは、希望や志を持って本校に入学し、落ち着いた環境で、安心して学習や学校行事に取り組み、自分の成長を感じている生徒がたくさん存在することを示しています。そしてそれは、これまで3年間取り組んできた「希望のステージ」「自立のステージ」「共生のステージ」の成果が現れていることの証であると思います。

改めて、日々の取り組みに対する生徒の皆さんの努力と先生方の指導に敬意を表するとともに、学校運営に対する保護者や地域の皆様のご理解とご支援に対して深く感謝申し上げます。

 

 今年度は、先に述べた良い流れを大切にしながら3年間の取り組みを総括した上で、その実りを生かしてさらに総合的・発展的に取り組んでいく観点から、「教育の質を高めるチーム学悠館 変わる自分、変える未来。チャレンジ学悠館!」を「学悠館ビジョン」のテーマとして教育活動にあたります(このテーマは、本校の未来構想を考える校内組織である「ネクストステージプロジェクト」を中心に職員が発案・検討し、決定したものです)。

そして、下の6点を努力点として重点的に取り組んで参ります。

 その際、テーマの主旨に相応しい「生徒の姿」「取組の視点」を意識して具体策を展開します。なお、これに基づき各部所で設定した重点事項のうち、特に学校全体の重点目標とする具体策については、この後に本年度の学校評価表としてお知らせいたします。

 

職員の行動

(=努力点

 

    主体的に参加する学習活動

     キャリア発達・進路実現を促す活動

     開かれた学校、地域との連携・協働

     体力の増進と健やかな成長

     豊かな人間性・社会性の育成

     安全安心な学校生活の提供

 

 






 

生徒の姿

 

○夢や希望を抱いて未来を描き、その実現にチャレンジする生徒

○自分の能力に気づき、自主的・自律的な学びに真摯に取り組む生徒

○多様な価値観を尊重して他者と協同し、共に成長する生徒




 

 

取組の視点

 

○よりよく生きるための資源となる健やかな心と身体を育てる

○生徒の潜在能力を引き出し、自主的・自律的な行動につなげる

○諸活動の中で、仲間を信頼したり、貢献したりすることのできる   
  豊かな感性を育てる

○過去3年間の取り組みを総括し、諸活動の意味づけを再確認する

○優先順位、スクラップ&ビルドを意識する


 





 学悠館高校は、学習目的や学習歴、生活環境等に応じて、意欲のある人がいつでも学ぶことができて、やり直しがきく。そんな学校づくりを進めて参ります。今後も最新の情報を引き続きこのホームページに掲載していきますのでぜひご覧ください。

皆様におかれましては、今後とも、ご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


14:23 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)