中学校 : 音楽

操作説明(表示する)

領域別

表現(30) 概要を表示する 概要を表示しない

アジアの音楽に親しもう(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、音楽への興味 ・関心を高め、音楽に対する見方 ・考え方を深めることができるようにと考えて取り組んだものです。生徒が新しく触れる音楽に対して、より興味 ・関心を高めるための迫り方を工夫しました。雅楽の音楽的特徴をとらえさせる活動を通して、我が国の音楽及びアジア諸地域の音楽との共通性を把握させ、広く世界の音楽を見つめていく契機としたいと考えます。
歌詞の内容や曲想を感じ取って表現しよう(H27)
この指導案は、生徒の活動場面において、「思考のすべ」を用いた授業展開の一例です。「思考のすべ」とは「考えるための技法」のことです。(『思考力・判断力・表現力を育む授業作り【理論編】』 平成27年3月 栃木県総合教育センタ− より) 教師は、意図的に「思考のすべ」を使用する場を設定し発問します。生徒自信が、「思考のすべを」を使うことで、具体的にどう考えればよいかが分かり思考を深めることができるように工夫しました。本授業では、「比較・分類」と「関係付け」を用いて、生徒に曲の構成を理解させるとともに歌詞の情景や思いを深くイメージさせ、歌唱表現につなげる展開を考えました。
詩と音楽との関わりを感じ取って、歌唱表現をしよう 〜歌唱教材「赤とんぼ」〜(H25)
 共通歌唱教材の「浜辺の歌」と「赤とんぼ」を用いて、詩や曲の雰囲気に合った歌唱表現を工夫する力を身に付けることを目指した題材である。「浜辺の歌」で歌詞や旋律に合わせた工夫の仕方について指導し、その学習を活用して、  「赤とんぼ」では、各自が1番〜4番の中から表現したい部分を選び、個人で歌唱表現を工夫する。友達のアドバイスを受け工夫した後、小グループにおいて独唱の発表を行う。
日本らしい調べで曲をつくろう(H25)
 民謡音階、ヨナ抜き音階、律音階、沖縄音階から、好きな音階を選んで、8小節の曲を創作する授業実践です。はじまりの音、終わりの音など、音階ごとに条件を示して作らせ、作った作品にタイトルを考えさせました。
音楽の仕組みを意識して名曲を楽しもう 〜「交響曲第5番」、「ミックスシンフォニー」〜(H25)
 ベートーヴェンの交響曲第5番・第9番の旋律を用いて作曲された「ミックスシンフォニー」でリコーダーアンサンブルをした実践です。鑑賞の学習で聴き取ったことを、リコーダーアンサンブルに生かすことを目指しました。
パーカッションで心象風景を表現しよう(H21)
 このキットは、表現したいイメージをもち、パーカションの音素材の特徴を生かし、構成や全体のまとまりを工夫しながら音楽をつくる授業の事例です。段階を経て無理なく創作させることと評価に用いるため、ワークシートを有効活用させました。 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
コマーシャルソングを作ろう(H21)
 このキットは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。言葉のアクセントや抑揚を生かし、リズムや音のつながり方を工夫して旋律を創作表現することをねらいとして、コマーシャルソングを作る活動を設定しました。音楽の諸要素を効果的に使って表情をつけるために、学習カードの工夫や、グループ活動の仕方を工夫しました。
日本の四季を音楽でつくろう(H21)
 日本には美しい四季・風景があります。その美しい風景を音楽で表現しようと和楽器を用いた創作活動の事例です。創作の活動を通して、表現したいイメージに合った音を選び、要素を理解し、組み合わせ、曲をつくる力を育むことがねらいです。創作活動を展開する上で必要な基礎力を培うための学習カード例も紹介させていただきました。 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
合唱を楽しく 〜発声指導のアイディア〜(H19)
短時間でできる効果的なウォーミングアップ・発声練習の例を、動画で紹介しています。生徒の実態や反応、楽曲の特性などによって、ウォーミングアップを工夫し、授業の活性化につなげることができます。
ギターで弾き語りに挑戦H19(H19)
このキットは、ギターの扱い方やコード演奏による伴奏の練習法を動画で紹介しています。初心者にも分かりやすく、短時間で段階的に練習ができるよう、練習順序を工夫して示しました。動画は、指導者が指導のポイントを確認したり、生徒が見ながら練習したりするために活用できます。
アレンジした曲でアンサンブルを楽しもう(H18)
このキットは、アルトリコーダーの練習曲をアレンジし、アンサンブル活動を行った実践例です。リズム、拍子を変えたり、ハーモニーを付けたりすることにより、多様に変化することを知り、音楽的諸要素の働きについて学習することができます。
秋の風景を音で表現しよう(H17)
音の組合わせを工夫し、簡単なリズムや旋律をつくって表現することをねらいとして、小学校第3学年の「ふしをつくろう」において、「ふしづくり」を行う活動を設定しました。「ソ」「ラ」「シ」の三音を組み合わせるだけで、簡単にふしができます。さらに、作ったふしをグループの友達とつなぎ合わせることにより、一つのまとまった「わらべうた」ができます。このような活動を通して、ふしづくりの楽しさや成就感を味わいながら豊かな感性を養いたいと考えました。
速さや強さの変化による曲想の違いを理解して表現しよう(H17)
器楽で学習したギターやアルトリコーダーの技術を生かして速度の変化や曲想の変化を表現することを設定しました。 「花の季節」のBの部分はバレーコードがなく比較的に容易に弾くことができ、ギターを合奏に取り入れるのに最適な曲です。また、タブ譜を読むことを生かして、ベースギターも弾くことができます。ドラムとベースギターは拍打ちや後打ちを担当することにすれば、バンド演奏に興味を持っている生徒にとって導入的な曲にもなり、合奏の幅も広がることになります。
音楽的な感受や表現の工夫に着目した歌唱指導(H17)
音楽的な感受や表現の工夫に着目した合唱指導を紹介しています。
校内合唱コンクールを行うことで、練習にある程度まとまった時間をとることができます。このときが楽曲を深く追求するのに絶好のチャンスであり、生徒の感じる心や表現するための工夫など内面的な能力を確かめたり伸ばしたりするチャンスでもあります。評価が難しいところではありますが、共に考え、共に作り上げ歌い上げる喜びを探る試みです。
地域のカルタを歌にしよう(H17)
この教材キットは、1年生の「詩と旋律」という題材で学習した内容です。言葉の高低やアクセントと旋律の関係を学習するために、生徒に馴染みのある「足尾カルタ」を使って旋律作りをしました。言葉を生かして旋律を作る活動を通して、言葉と旋律の関係に気づき、今後の歌唱表現にも生かせると考えました。また、地域のカルタを教材にすることにより、「総合的な学習の時間」との関連を図り、校外活動の折に発表するなど、生活に生かすことが考えられる題材です。
和楽器に親しもう(H17)
 小学校の音楽の時間で鑑賞した「筝」を鑑賞するだけでなく、実際に触れ、「筝」の構造等を理解したうえで、実際に触れ、合奏する体験を通して、和楽器及び日本音楽の良さや美しさを感じさせたいと考え、展開した授業案である。また、すべての活動を通して、ともに助け合い、学びあう姿勢も育てたいと考えました。
篠笛の美しい音色を感じて表現しよう(H16)
この教材キットは、1年の我が国の音楽の学習にあたり、身近にある日本の楽器の中から、篠笛の基礎的な奏法を身に付けるための学習活動を紹介したものです。
それをさらに継続させて選択の授業で取り扱ったり、篠笛の音階を使って創作の学習を行ったり、和太鼓や鉦を加えてお囃子の表現に発展させることも可能です。それらの活動を通して、日本の音楽のすばらしさや日本の伝統文化を尊重していこうとする態度を育てていきたいと考えます。
クラスで初めての合唱をつくりあげよう(H16)
中学校に入って初めて取り組む混声合唱曲を扱い、歌うことへの興味・関心を高めることをねらいとした授業の展開を考えたものです。校歌や生徒に親しまれている曲を歌い、意欲を喚起してから、発声について確認をします。「ハローハロー」では、無理のない自然な発声を身に付け、「朝の風に」では、男女の響き合いを感じて合唱できるようにします。
生徒の到達度に応じて楽しめるアルトリコ-ダ-アンサンブル教材(H16)
このキットは、生徒が リコーダー習得の到達度に応じながら、アンサンブルを楽しむことができる曲集です。
編曲やオリジナル曲の計7曲をおさめています。アルトリコーダーだけでなく、ソプラノリコーダーやギターなども加わっています。楽譜(JPEGデータ)と参考音源(MIDIデータ)および解説書の構成になっています。器楽教科書の補助教材として活用できます。
ピアノ構造と音の出るしくみ(H16)
ピアノという楽器に新たな目を注ぎ、その素晴らしさや繊細さを再発見できる視聴覚教材(ビデオテープ)です。ピアノ曲を鑑賞する授業の導入に使用すると、ピアノに対する興味が増したり、鑑賞の視点が広がることが期待されます。なお、普段あまり見ることのないピアノ内部のしくみを、調律師が解説しています。各学校において年1回実施されるピアノの調律にも参考になります。
箏に親しもう〜地域講師とTTを組んでの指導法〜(H15)
この教材キットは、箏の演奏を鑑賞するとともに、箏に実際に触れてみることを通して、日本の音楽に親しませる授業の展開を考えたものです。主に「六段の調べ」を鑑賞するとともに、ボランティアの地域講師による生の演奏に触れながら、箏の奏法を学び、演奏にもチャレンジします。
地域人材を活用した郷土の音楽と和楽器体験(H15)
 この教材キットは、第1学年「アジア(日本)の音楽に親しむ」という鑑賞を中心とした題材において、地域人材を活用し、郷土の音楽を教材として和楽器を体験することを取り入れた授業の展開を考えたものです。地域の伝統芸能を視聴したり、保存会の方の生演奏を聴いたりした後、講師の演奏する笛に合わせて太鼓を打つ体験を通して、郷土の音楽に親しませるようにします。
合唱の喜び(H15)
 この教材キットは、中学校で行われる合唱コンクールに向けた学習を通して、合唱の技能や表現力及び合唱を愛好する心を育てることをねらいとして、展開を考えたものです。ここでは、パートリーダーを中心に主体的な活動を促し、自ら考え工夫してよりよい合唱を作っていく過程を取り入れています。各声部の特徴と役割を生かした合唱にしていきます。
一人一人の感受を生かしたリコーダーの授業(H15)
この教材キットは、「学力向上フロンティア事業」第2年次・公開授業研究会の内容です。本授業は、アルトリコーダーの美しい音色を感じ取りながら、基礎的な奏法を身に付け、演奏を工夫することをねらいとした授業の展開を考えたものです。 生徒一人一人が感性を働かせ感じ取った美しい音色を表現するための基礎的な奏法について意見を交換することで、さらに感受の能力が磨かれていくものと考えます。
カノンをリコーダ−とギターで演奏しよう〜小アンサンブル活動〜(H15)
 この教材キットは、器楽の小アンサンブル活動を通して、生徒同士のかかわり合いの中で、リコーダーとギターの技能を高めるとともに、音色やアーティキレーションを工夫させ、アンサンブルの独特の美しい響きを創り出させることをねらいとした授業の展開を考えたものです。曲にふさわしい表現を工夫させ、グループごとの発表を相互評価させることによってよりよい表現を目指していけるよう活動を設定しています。
表現と鑑賞の関連を図った指導〜アジアの音楽に親しもう〜(H13)
 本キットは、多様な音楽に興味 ・関心をもたせながら、表現と鑑賞の関連を図った学習方法や指導の工夫により、生徒が主体的に音楽活動に取り組めるようになることをねらったものです。
リズムアンサンブルを楽しもう(H13)
本キットは、主体的に音楽活動に取り組み、音楽に対する豊かな感性を育てるための工夫例です。教材として取り上げた楽曲を、生徒が自分たちのイメージや曲想に合った表現を工夫することができることをねらった展開例を載せています。
音楽劇を創って曲想を豊かに表現しよう〜栃木の民話「黄ぶな」による〜(H13)
 選択音楽 音楽劇に活用できる教材です。宇都宮市文化会館小ホール使用時の資料も含んでいます。台本や楽譜を応用して幅広く活用することが可能です。平成13年度第43回関東音楽教育研究会栃木大会の資料です。
豊かな響きを追い求める合唱指導の工夫〜やる気にさせる指導法の工夫〜(H13)
 本キットは、生徒が自主的に豊かな響きを追い求める合唱活動を目指した指導法の工夫を取り上げています。
豊かな響きを追い求める合唱活動〜ア ・カペラの響き〜(H13)
 このキットは、共に活動することを通して生まれる音楽の楽しさ、喜びを実感させようとするものです。人の心を最も素直に音楽表現できる歌、そして、人間の声のハーモニーにまさる美しいハーモニーはないと言われる合唱、それらを通して、子どもたちの心に宿っている豊かな感性を培っていくことをねらったものです。

鑑賞(7) 概要を表示する 概要を表示しない

アジアの諸民族の音楽に親しもう(H19)
鑑賞活動を通して、アジアの諸民族音楽に親しませる題材です。弦楽器と竹製の楽器を取り上げ、楽器の特徴や奏法、音色の違いについて感じ取らせたり、構成音から音階を理解させたりします。導入で周知の曲を鑑賞したり、2時間目で「赤とんぼ」と「アリラン」のパートナー奏をしたりするなど、アジアの音楽を身近なものとして感じ取れるよう工夫しました。
音色と響き 〜「ボレロ」〜(H18)
鑑賞『ボレロ』を用いて、①多様な音楽活動を通して生徒の興味・関心を高める工夫、②基礎的・基本的な内容を定着させる指導の工夫、③より客観的な評価規準の工夫と指導への生かし方 の3点について研究しました。
イメージと音楽 〜組曲「展覧会の絵」〜(H18)
組曲『展覧会の絵』(抜粋)を用い、楽曲の情景を絵や想像した情景のメモによって表現する指導内容です。また、導入として冒頭のプロムナード部分をアルトリコーダーで演奏し、興味・関心を高め器楽の基礎的技能を高める活動を取り入れました。
アジアの音楽に親しもう〜アイヌの音楽を通して〜(H17)
アイヌの音楽を実際に触れることを通して、日本を含めたアジアの民族音楽と関連づけて学習できると考えたものです。アイヌの音楽を実際に聴いたり体験することにより、多様な音楽に興味、関心を持たせることができると考えられます。第1次では、アイヌ文化活動アドバイザーの方から実際にアイヌの歌を教えてもらい、一緒に歌ったり、ダンスを踊ったり、ムックリやトンコリに触れたり、生演奏を聴く学習活動になっています。
情景と音楽の結びつきを感じ取ろう(H17)
この教材キットは、オーケストラの響きを味わい、イメージを膨らませて鑑賞し、音楽的諸要素との関わりに着目させることをねらいとしています。   
絵画的に作成したワ−クシ−トを使用し、個々のイメ−ジを膨らませる活動を重視した授業展開です。さらに、自分の描いたイメ−ジと作曲者のイメ−ジを重ねることで、作曲者の思いに共感して鑑賞することをめざしています。 
タイの民族音楽(H16)
タイの音楽に触れることを通して、子どもたちに異文化の音楽の特徴を理解させるだけでなく、学習させるだけでなく、異文化を理解し、人々と触れ合うことの大切さを学ぶことをねらいとする授業の展開を考えたものです。
事前に世界の諸民族の音楽を継続的に鑑賞することを通して、それらの音楽に興味・関心をもたせるとともに、本時はそうした取り組みをさらに深めるものとして、タイの楽器の演奏を生で聴いたり、タイの愛唱歌を歌ったりする活動を設定しています。
鑑賞教材学習プリント(H13)
この学習プリントは、まず曲についての感想を自由に書くなどして、生徒の考えや感じ方を引き出し、鑑賞教材についてより興味 ・関心を持たせたいという思いから、作成したものです。

複数領域(1) 概要を表示する 概要を表示しない

授業のデザイン 中学校・音楽(H25)
 新学習指導要領では、生きる力を育むことを目指し、基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させ、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育むとともに、主体的に学習に取り組む態度を養うことが示されています。  本紙は、平成24年度に栃木県総合教育センターで、学習指導要領の改訂の趣旨を踏まえた授業の例などを小・中学校の各教科別にまとめたものです。各学校において、自校の年間指導計画や児童の実態等を踏まえ、確かな学力を身に付けさせる授業をデザイン(構想)するための参考資料として御活用ください。
Total:087303 Today:007 Yesterday:014