中学校 : 家庭

操作説明(表示する)

領域別

A家庭・家庭と子供の成長(4) 概要を表示する 概要を表示しない

工夫しよう 家族や地域の人々との関わり(H24)
この教材は、栃木県中学校教育研究会技術・家庭部会の研究成果として、第51回関東甲信越地区技術・家庭科研究大会 栃木大会(平成24年11月22日)の各分科会において配布された資料です。3年間の指導計画や学習内容A〜Dの評価計画、及び公開授業の指導案とワークシート等をエクセルやワード(一太郎)等のデジタルデータで公開します。
幼児のこころの発達(H17)
幼児のこころの発達について体験的に理解させることができるように、ロールプレイングの活動を動画で示した。
実践的・体験的な学習を通して問題解決能力を高める指導の工夫(H15)
 家庭分野Bの(1)(2)(3)(5)を学習において、問題解決的な学習を充実させることにより、生活に根ざした自らの課題を見出させ、解決を図り、家族や周囲の人々との人間関係の大切さや家庭生活を営む意義を見出し、家庭や地域の人々とのふれあいを通して豊かな心を育成し、家庭生活への実践の手がかりとすることでよりよい生活を工夫できる態度や能力を育成していきたいとして取り組んできた研究をまとめたものです。
自分の成長と家族との関わり(H13)
 家族と家庭生活(B-1、2、3)(旧保育領域)の導入の授業で利用できます。実際に乳児や幼児とふれあう機会を持ったり、妊婦体験ベストを使ってみたりすることで男子生徒にも母親の気持ちを体験させることができます。自分史の作成では色紙に行うことで、家族へのプレゼントにもなります。(卒業式)

B食生活と自立(11) 概要を表示する 概要を表示しない

授業のデザイン 中学校 技術・家庭科(家庭分野)(H25)
 新学習指導要領では、生きる力を育むことを目指し、基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させ、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育むとともに、主体的に学習に取り組む態度を養うことが示されています。  本紙は、平成24年度に栃木県総合教育センターで、学習指導要領の改訂の趣旨を踏まえた授業の例などを小・中学校の各教科別にまとめたものです。各学校において、自校の年間指導計画や児童の実態等を踏まえ、確かな学力を身に付けさせる授業をデザイン(構想)するための参考資料として御活用ください。
自分の食事をつくろう(H24)
この教材は、栃木県中学校教育研究会技術・家庭部会の研究成果として、第51回関東甲信越地区技術・家庭科研究大会 栃木大会(平成24年11月22日)の各分科会において配布された資料です。3年間の指導計画や学習内容A〜Dの評価計画、及び公開授業の指導案とワークシート等をエクセルやワード(一太郎)等のデジタルデータで公開します。
地域の食材の魅力を伝えよう(H18)
食生活を自分の手で(H18)
 足利第二中学校で中教研指導法研究会として行われた授業です。A生活の自立と衣食住の領域です。本時はすでに学習した栄養素の知識をを生かして夕食の献立づくりにチャレンジさせる授業です。
食習慣を見直そう(H18)
このキットでは、食品のパッケージに記入されている栄養成分表示を参考に、糖分・塩分・脂質の相当量を算出し、実際に計量する活動を通して、各自の食生活における改善点を具体的に考えさせる授業実践を紹介しています。ファーストフード店やコンビニエンス・ストアを利用して食事をしたり、食品を買ったりする時に、栄養バランスも考えて選択できるような実践的な力を育てたいと考えました。
生活の中で環境への影響を考えよう 〜 エコクッキングに挑戦しよう 〜(H17)
4時間分の小題材として、ワークシートと実習計画表、結果表を示し、実習中の手順および指導上の留意点を画像で示した。環境に配慮した食生活の実践として1食分のめん料理を設定した。調理計画と実習を通して、資源を無駄にしない生活を送るための工夫を考え、実践できるようにする。事前の計画を含めて4時間扱いの題材とする。
包丁と計量器具の使い方「きゅうりの薄切りと酢の物」(H17)
包丁の使い方や、計量器具の使い方について事前にアンケートを実施し、それをもとに、一人一人がめあてをもって実習に取り組めるようにした。また、動画で示すことで、基本的な調理用具の使い方を視覚的に学習することができるようにした。同様に、「きゅうりとわかめの酢の物」の調理法について、各手順のポイントを動画にして詳しく示した。ワークシートと教師の評価のための座席表を添付し、自己評価や教師の見取りのために役立てられるようにした。
食生活を見直そう(H17)
 食生活が大きく変化していく中で、「好きなもの」を「好きな時間」に「食べたい量だけ」自由に食べることが当たり前になりつつある。その影響からか、体調が十分でない者や、心のバランスをくずす生徒も多く見られるようになってきた。中学生の時期の食事のとり方は重要であり、特にこの時期の食習慣が成人になってからの健康にも影響を及ぼす。そこで、栄養のバランスのとれた規則正しい食生活の大切さを理解させ、自分自身の食生活を見直す力を養うためにこの授業を設定した。
おいしい魚料理をつくろう(H16)
 この教材キットは、魚料理の工夫を考え調理実習を行うものです。生魚の調理を体感できるよう、魚は切り身ではなく一人一尾とし、まな板・包丁を使わず手開きでの実習としました。また、頭や内臓を土に返したり「骨せんべい」を食べたりと環境についても学習できるように設定しました。
 食生活を見直し自分の食事の問題点に気づき、それを改善していけるような題材としました。
食品の表示と食品添加物(H16)
 家庭分野で、加工食品を扱う単元の中の食品添加物について、その働きと危険性について理解を深め、簡単な官能検査(臭い・味・見た目)を通して、身近な食品をより安全に選択していこうとする態度を身につける事を目的として授業展開を考えたものです。
10分クッキング 〜ビデオを見て楽しく作ろう〜(H15)
 この教材キットは、調理実習前の準備やハンバーグステーキの作り方を10分程度でまとめたクッキングビデオです。本教材は材料の分量計算や調理の手順を楽しく、短時間で理解させるのに効果的だと考えられます。また、実習の前には安全面や衛生面を考えて、包丁の安全な使い方、身支度や手洗いの徹底も呼びかけています。 

C衣生活・住生活と自立(12) 概要を表示する 概要を表示しない

衣生活・住生活の課題を見付け、よりよく生活しよう(H24)
この教材は、栃木県中学校教育研究会技術・家庭部会の研究成果として、第51回関東甲信越地区技術・家庭科研究大会 栃木大会(平成24年11月22日)の各分科会において配布された資料です。3年間の指導計画や学習内容A〜Dの評価計画、及び公開授業の指導案とワークシート等をエクセルやワード(一太郎)等のデジタルデータで公開します。
繊維の性質と選択、手入れとの関わり(H18)
衣服のはたらきと着装のくふう(H18)
自分らしい着装の工夫を考えます。
洗剤の性質や表示を調べ、洗濯について考えよう(H18)
 このキットは、生活の自立と衣食住の指導項目(3)ウ衣服材料に応じた日常着の適切な手入れと補修ができることに関する指導事例であす。洗剤が持つ浸透作用、乳化作用、吸着分散作用、再付着防止作用に着目させ、身近なものの実験を通して、洗濯の方法や特徴を理解させることをねらいとしました。
衣服の補修方法を身につけよう 〜 ポケットティッシュカバー製作を通して 〜(H17)
衣服の補修方法を身に付けさせるために、 ポケットティッシュカバーの製作を1時間分の小題材として設定した。製作手順のワークシートと動画とを合わせて指導に生かすことで、まつり縫いやアイロンがけなどの衣服の補修に関する確かな技能を身に付けさせることをねらいとした。
清掃計画を見直そう(H17)
住まいのはたらきや家族が健康で安全に住むために必要な基礎的な知識を身につけさせ、身近な住環境の点検、調査や工夫、改善をさせることにより、生徒自身が住まいの主人公であることを自覚させ、自分の住まいや住まい方を見直し、主体的な住まい方を実践できる力を身に付けさせたいと考え、12時間分の題材として、ワークシートと、実習中の手順および指導上の留意点を画像で示した。
手入れに関する性質を実験で確かめよう(H17)
 既製服の各種表示の内容を身近な衣服(学校で着用しているジャージ・体操着)の材料で実感させようと、実験を設定したものです。日常生活で衣服を手入れをした経験を振り返り生じた疑問をもとにして、生徒に実験を選択させます。個々の疑問を実験によって解決・検証することを通して、各種表示の内容を実感させ、衣服材料に応じた手入れの仕方、それに関する注意点を理解させることをねらいとしています。
衣服の選択と手入れ(H16)
 このキットは、技術・家庭科、第1学年、繊維の性質と手入れの関係を実験を通して学習する内容です。実験では、手触り(風合い)、しわのできやすさ、とれやすさ、吸湿性、塩素による漂白、燃焼について行いました。さらに取扱い絵表示と繊維製品との関係についても考えさせました。 
清掃計画を見直そう(H16)
 題材「わたしたちの生活と住まい」において、校内の汚れた場所を探し清掃計画を立てて実践する学習活動(3時間扱い)の中の2時間目に位置づけた「清掃計画を見直す」授業の展開を考えたものです。授業の前半では、グループごとに様々な用具を用いて汚れを落とし、汚れ落ちや材質の傷みの程度を比較する活動を中心に行い、汚れの落とし方のポイントをまとめます。それをもとに、授業の後半で、自分が立てた清掃計画の見直しを中心に行うという設定になっています。
ミシンガイド 〜ミシンを一人で安全に使えるように〜(H15)
 ミシンを使う作業の際、“針で怪我をしない”で“まっすぐな直線縫い”が 一人で進められる、練習の補助器具としての“ミシンガイド”を考案しました。“ミシンガイド”を使って、ミシン作業を繰り返せば、次第に、一人で、目的の“直線縫い”を進めることができます。「作業作品例(案)」にあるように、繰り返し直線縫いを多く使う小物(実用性のあるものが良い)を作製することにより、 “ミシンガイド”なしで作業が進められるようになることをねらっています。
私たちの生活と住まい(H14)
 「生活の自立と衣食住」の内容に含まれる「住」は、食や衣の学習のようにものづくりという学習がやりにくく、また、生徒一人ひとりの住環境の違いがあります。そこで、「室内環境の整備と住まい方」において、生徒自らがそれぞれの家庭に適した快適な住まい方について積極的に考えられればと思い、自分でできることを簡単な実験を通して学ばせることにしました。
「生きる力」を育む技術 ・家庭科教育(H13)
 本キットは、平成14年度に全中技術 ・家庭科大会を迎えるにあたり、宇河地区ブロックで研究してきたものをもとに実践した研究授業の指導案や家庭分野のA(3)についての目標分析や評価規準などが掲載されています。

D身近な消費生活と環境(2) 概要を表示する 概要を表示しない

消費と環境に配慮した生活をしよう(H24)
この教材は、栃木県中学校教育研究会技術・家庭部会の研究成果として、第51回関東甲信越地区技術・家庭科研究大会 栃木大会(平成24年11月22日)の各分科会において配布された資料です。3年間の指導計画や学習内容A〜Dの評価計画、及び公開授業の指導案とワークシート等をエクセルやワード(一太郎)等のデジタルデータで公開します。
アニメーションで学ぶ消費者教育〜どんちゃんと楽しいお買い物〜(H15)
 中学校技術・家庭科における消費生活に関する学習効果の向上をねらった、アニメーションを用いたソフトウェア教材です。若年層の被害が多い悪質商法の事例をアニメーションを用いた物語によって提示しています。教材の各場面に各種ボタンを設置し、学習者の興味・関心に応じた調べ学習を支援しています。 
Total:033973 Today:003 Yesterday:017