高等学校 : 特別活動

操作説明(表示する)

閲覧数順

1

概要を表示する 概要を表示しない

自己指導能力育成 LHR活動プログラム(全21時間)(H16)
 生徒の意識や考え方、価値観の多様化等により、生徒指導が年々複雑になってきていますが、全生徒に対する個性の伸長や人間性を育成するいわゆる積極的な生徒指導を充実させ、全ての生徒の自己指導能力を高めていく必要があります。そのためには、生徒指導と極めて関連の深い特別活動と結びつけていくことが最も適していると考え、特に「ホームルーム活動」に焦点を絞り、生徒の特徴や背景、発達段階等を考慮し、人間関係づくりや発達課題の解決に関する様々な手法を取り入れながら、自己指導能力を育成するホームルーム指導案を作成しました。  指導案は、自己指導能力育成の留意点等に配慮しながら、「危機管理」「法律等」「自己理解」「判断力育成」「ボランティア」「進路」「規範意識」の領域で、学校、学年、クラスで必要に応じて実施できるもの、また、問題行動が発生した時にすべての生徒に対して実施できるものなど、21時間分を作成しました。
アイスブレーキングと合意形成の方法〜よりよいコミュニケーションのために〜(H20)
教員研修で使用するための指導者向けの資料です。大人同士の研修はもとより、児童生徒への指導にも十分生かせる内容となっています。アイスブレーキングの方法や、合意形成の方法など、コミュニケーションの基本を、参加型の学習形態で学ぶことができます。特別活動のみならず、道徳や各教科の指導においても応用が可能です。もちろん校内研修の資料としてもそのまま利用できます。
1
Total:001563 Today:001 Yesterday:002