物を通して見る16世紀 それまでの食卓をかえた食材—じゃがいも—

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

 大航海時代を学習しようとすると、コロンブスやマゼランの業績、古アメリカ文明の滅亡が中心になります。そして、価格革命がヨーロッパの経済にどのように影響したかについては考察しても、現代の私達の生活が、異なる文化圏の交流からどのように影響を受けてきたのかについてはおろそかになりがちです。
 そこで、この単元を学習することにより、現代を生きる私達との接点に目が向き、世界史がより身近なものとなるよう、授業の工夫をしてみました。
 具体的には、食文化をテーマに、主として中南米とヨーロッパ、日本のつながり(世界の一体化)を考えさせる授業展開を考えてみました。
学ぶことの楽しさを味わうことが、学習意欲の向上に結びつくことを期待しています。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案 物を通して見る16世紀
Total:003800 Today:001 Yesterday:001