中世西ヨーロッパ世界の成立〜マンガを描いて理解を深める授業〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

この教材キットでは、フランク王国とローマ=カトリック教会との提携をとりあげました。ここでは、フランク王国の発展がローマ=カトリック教会との密接な提携の上に成り立ったことを生徒に理解させるために、4コマのマンガを描かせてみました。
 この単元では、東ヨーロッパ世界(ビザンツ帝国)をまだ授業で扱っていないことに加え、二人の主人公(ピピンとローマ教皇)がそれぞれ複雑な利害関係をもっているという条件下でのフランク王国の発展について、ローマ=カトリック教会の成長とともに理解させることは非常に困難です。
 そこで、生徒に4コマのマンガを描かせることで、生徒が主体的に講義を聴き、作業をしていくなかで、理解を深めることができると考えました。マンガを描くためには、主人公が誰であるかや、登場人物がどんな関係にあるのかを理解することが必要となるからです。
 生徒は、はじめに講義を聞き、次に授業用プリントにまとめ、さらにマンガを描くという授業展開にしました。工夫した点は、基本的知識を身に付けた上で、自分自身で考え、表現する機会を設けたことです。そうすることによって、生徒の理解度を評価することも容易になり、次回以降の授業で補うべき点も明確に把握することができるなど、指導と評価の一体化を進めることにもなりました。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案 中世西ヨーロッパ世界の成立
Total:005521 Today:001 Yesterday:001