コンピュータを活用した「三角関数」の指導の工夫

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

数学Ⅱ「三角関数」の指導において、、コンピュータの動的操作性やシミュレーション性を活用することによって、生徒自らが、課題の全体像を把握し、そこから、数学的な関係や性質を主体的に探求するような授業を実践することにした。また、コンピュータを活用するにあたっては、単に映像・画面を見せるだけでなく、見たものをさらに発展的に捉え直すなどの活用場面を設定することによって、深い理解へと導けるよう配慮した。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導計画・ワークシート・実践の様子
Total:004746 Today:002 Yesterday:001