「現代の言葉」との比較を通して「古典の言葉」を理解させる〜「絵仏師良秀」(宇治拾遺物語)〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

○ 古文の一単語に現代文の一単語を対応させることを基本とした逐語訳などの学習を通して、古文と現代文との相違点に気づかせ、古文の特徴や文語文法を理解させます。  

※本事例は、栃木県総合教育センターの「平成14年度 調査研究 教科指導の工夫・改善 −指導事例集− 国語科 言語文化に対する関心を深める指導の工夫 −古典に親しむ態度の育成を目指して−」を再掲したものである。国立教育政策研究所教育課程研究センターの「評価規準の作成,評価方法の工夫改善のための参考資料−評価規準,評価方法等の研究開発(報告)−」(平成16年3月)が出される前の事例であり、評価規準の内容や表現は、その当時の考え方に則して書かれている。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案(絵仏師良秀)
ワークシートワークシート1
ワークシートワークシート2
Total:008760 Today:001 Yesterday:004