古文と現代文の読み比べから身近な問題を考える〜「よろづのことは頼むべからず」(徒然草)〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

○ 古文を口語訳した文章と現代文との読み比べによって、古典の世界の問題を現代の我々自身の問題として考えさせます。筆者と同じようなものの見方や感じ方をしている現代文の作品と相反する現代文の作品を提示し、古人のものの考え方と現代人のものの考え方の共通性を見出させます。グループに分かれて日常遭遇する身近な問題について、自分の意見を述べさせるとともに他の生徒の意見を聞き、話し合わせます。

※本事例は、栃木県総合教育センターの「平成14年度 調査研究 教科指導の工夫・改善 −指導事例集− 国語科 言語文化に対する関心を深める指導の工夫 −古典に親しむ態度の育成を目指して−」を再掲したものである。国立教育政策研究所教育課程研究センターの「評価規準の作成,評価方法の工夫改善のための参考資料−評価規準,評価方法等の研究開発(報告)−」(平成16年3月)が出される前の事例であり、評価規準の内容や表現は、その当時の考え方に則して書かれている。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案(徒然草)
Total:007679 Today:001 Yesterday:001